「左折時は必ず一時停止」全国のトラック運転手に徹底指導へ 徳島の「横断歩道巻き込み」児童死亡事故をうけ 「先に通過できると思った」「見えなかった」撲滅めざす

国土交通省は2024年6月28日、3年前に発生した徳島県小松島市のトレーラーと児童の衝突死亡事故について、調査報告書を発表。左折時の横断歩道手前の一時停止を徹底するよう呼びかけています。

トレーラーが左折時に子供をはねる

 国土交通省は2024年6月28日、3年前に発生した徳島県小松島市のトレーラーと児童の衝突死亡事故について、調査報告書を発表しました。

路線バスは多段階停止以外にも右左折時に複数回停止することがあるため、後続の場合には注意が必要
路線バスは多段階停止以外にも右左折時に複数回停止することがあるため、後続の場合には注意が必要

 この事故は、十字路の交差点(信号あり)で最大積載量19.2トンの大型トレーラーが左折する際に、横断歩道を横断していた朝の通学の小学生と衝突し、小学生が死亡したものです。トレーラーの運転手は「横断歩行者妨害」によって免許取り消し処分を受けています。

 社会的影響が大きく、事故調査委員会による特別な調査、要因分析及び再発防止策の提言が必要なものとして「特別重要調査」が行われることとなりました。今回はその結果が発表されました。

 報告書では、事故の原因について、運転者が「横断歩道の手前で一時停止または徐行するなどして横断歩道周辺の交通状況を十分に確認しないまま左折進行」したこととしています。

 また会社側にも「指導・監督指針に基づく運転者に対する教育が不十分」「死角範囲や内輪差といった車両の特性等に合わせた安全運転の確保は運転者の経験任せ」という原因があるとしています。

 これら原因をもとにした再発防止策として、「特に左折時に歩行者等を見かけたときは、その動静に細心の注意を払いつつ、横断歩道手前で必ず一時停止して、安全を十分確認した上で進行」することとし、会社側にも適切な教育や指導を徹底するよう求めています。

 具体的には、当該運転手の話した以下の状況も問題視されているようです。

 まず、「発進後、道路左側の歩道上に男女の区別は出来なかったが、小学生が、同一方向に歩いているのが見えた」として、交差点近くで横断歩道を渡るかもしれない人物を視認しています。

 しかし、「この時、その小学生が横断歩道に差し掛かる前に当該交差点を左折通過出来ると思った」として、心の中で、横断歩道を先に渡られたらこちらが待つハメになってタイムロスしてしまうといった、焦りのようなものがあったことが見受けられます。

 そして実際に左折する瞬間に、「左折する時にミラーを見たがこの子はいなかったので、そのまま左折した」といいます。

 このような、自分に都合のいい「だろう運転」を防ぐためには、左折時の行動を厳格にルール化すれば嫌でも守るだろうというのが、今回の再発防止策のねらいと言えます。

 報告書では、熟練運転者は交差点周辺できちんと「歩行者が目に入った瞬間、つねに死角に入らないよう注意し続け、一時停止や徐行をしている」ことも示され、やはり当該運転手は不注意すぎたと結論付けています。

 報告書内の再発防止策では、このような不注意なドライバーを発生・放置させないための会社側の対策に重点が置かれ、会社側で運転手への指導・教育を徹底することや、それを形骸化させないようにすることなど7項目を列挙。あわせて、左折確認を徹底しやすいよう「サイドビューカメラ」を積極的に導入するよう求め、それが安価で買えるような市場になってほしいとも書いています。

【驚愕画像!】これはデカすぎる! 日本に実在するモンスタートラックがスゴい!(11枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 交通事故死者数多いのは交差点。トラックだけではなく軽自動車でも。つい先日も千葉市原市で74歳のばばぁ-が勢いよく右折し、横断中の園児列に突っ込む事故あり。なぜ事故が起きるのか?ここを追及しないと事故撲滅しないと思う。まず右左折時、前方見えない方向に向かうのであれば当然速度落とすべきだ。そこを若者はコーナリングGを楽しむかのような速度で右左折する。もうひとつは、対向車が来ないうちに曲がってしまえと言う安直な判断。記事にもある通り、右左折時は一旦停止する余裕持てよ

  2. 当該事故車両は20FTの海上コンテナセミ、
    だったと云う事を参考に記しておきたい。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー