6速MTもある日産「新型スポーティセダン」発表! 生まれ変わった“精悍”顔に「カッコイイ」の声も! 新型「セントラ」約340万円からチリに登場

日産のチリ法人は、2024年5月8日に4ドアセダン「セントラ」の改良モデルを発売しました。SNSなどでは多くの反響が寄せられています。

精悍セダン「セントラ」に「日本でも欲しい!」の反響集まる

 日産のチリ法人は2024年5月8日、セダンモデル「セントラ」の改良モデルを発売しました。
 
 日本では売られていない精悍なスポーティセダンに対し、さまざまな声が寄せられています。

めちゃカッコいいと評判に! デザインが刷新された日産 新型「セントラ」2024年モデル[南米仕様]
めちゃカッコいいと評判に! デザインが刷新された日産 新型「セントラ」2024年モデル[南米仕様]

 セントラは、1980年代に小型セダン「サニー」の米国名として始まったモデルで、そこから数えると2019年登場の現行型で8代目です。

 世界中で展開される日産の重要な戦略モデルへ成長し、中国では「シルフィ」名で売られていますが、日本で8代目セントラ/シルフィは販売されていません。

 今回のマイナーチェンジでは、フロントマスクを最新世代のVモーショングリルに刷新するとともに、ヘッドライトまわりやアルミホイールなども含めデザインを変更しました。

 ルーフやピラー、ドアミラーをブラックに塗装したツートーンのボディカラーと相まってスポーティな印象です。

 新型セントラのボディサイズは、全長4646mm×全幅1815mm×全高1457mm、ホイールベース2710mm。

 パワートレインは2リッター 直列4気筒DOHC 直噴ガソリンエンジンで、最高出力147馬力、最大トルク197Nmを発揮します。

 トランスミッションは6速MTとエクストロニックCVTを設定します。

 インテリアはダッシュボード中央の最上部に大型ディスプレイを設置し、機能的なデザインです。また最上級グレードではレザーシートやBOSE製サラウンドシステムが装備されます。

 その他、コネクトサービスの内容が拡充。衝突被害軽減ブレーキや標識検知機能などをセットにした安全運転支援システム「360°セーフティアシスト」は最新バージョンへアップデートされました。

 チリにおける販売価格は、従来型より約160万ペソ(約30万円)高い2011万7071ペソ(約341万円)から2515万5987ペソ(約427万円)までです。

※ ※ ※

 南米市場ではまだまだ活躍している新型セントラ。サニーなど伝統的なセダン車の流れをくむだけに、日本のユーザーからも注目されているようです。

 SNSなどでは「これカッコいいじゃん」「日本で売ってくれないかな」「このデザインでEVモデルとか出したら人気出ないか?」といった声がみられます。

 現在国内で売られている日産のセダンといえば、高級モデルの「スカイライン」しかない昨今。お手頃な価格で購入できそうなセダンへ関心を持つユーザーは、思った以上に多いようです。

【画像】めちゃカッコいい! 日産「新型スポーティセダン」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー