京葉道路の“地獄渋滞区間”「貝塚トンネル」いつになったら改善!? 新トンネル建設で「車線増加」千葉県が国へ要望継続!「慢性的な渋滞です」

京葉道路の“地獄渋滞区間”「貝塚トンネル」いつになったら改善!? 新トンネル建設で「車線増加」千葉県が国へ要望継続!「慢性的な渋滞です」

京葉道路のボトルネック区間

 千葉県は2024年6月13日、国に対して2025年度の予算確保に対する要望を発表しました。
 
 そのなかで、京葉道路の渋滞多発区間である「貝塚トンネル」の車線増加にも触れています。いったいどのような計画になるのでしょうか。

渋滞する京葉道路(画像:千葉市)
渋滞する京葉道路(画像:千葉市)

 京葉道路は、首都高7号小松川線の延長として、江戸川区篠崎から船橋、幕張、千葉市郊外を経て、蘇我ICで館山道へ直通していきます。

 八方ふさがりの千葉市内の街路に対し、都心・房総方面への貴重な高速移動ルートを担っています。そのため交通集中が激しく、ラッシュ時を中心に、やはり混雑が目立つ道路でもあります。

 そんな京葉道路の中で、特に悪名高い渋滞箇所のひとつが「貝塚トンネル」です。

 貝塚トンネルはJR総武本線をまたぎ、貝塚ICを越えた先にあります。ここは両側で片側3車線→2車線へ狭くなるほか、下り坂から上り坂に切り替わることで無意識のスピード低下を生じさせる「サグ」が存在しています。

 特に西行きは、貝塚IC周辺を先頭に蘇我ICまで渋滞多発区間で、大半がピーク時に「時速25km以下」になる区間になっています。

 これを抜本的に解決するには、ひとまず片側3車線への車線増加が必要となります。しかしそれを長年阻んでいたのが、トンネルであることでした。貝塚トンネルは京葉道路の上下線だけでなく、両側に側道(国道16号)があり、4本ものトンネルが横並びになっています。

 結局、外側にさらに新たなトンネルを掘って、新車線のスペースを確保するしかありません。現在、側道の国道部分を新設し、いまの国道部分を京葉道路へ転用することが検討されています。

 とはいえ、2014年に一定の方針が提案されてから、目立った動きは見られません。千葉県は毎年欠かさず、国に対し「調査・設計を進め、早期に工事に着手」するよう求めており、今回も昨年と同じ文言が記載されています。

 県としては「引き続き国やNEXCO東日本に働きかけてまいります」(2022年県議会)とするしかなく、事業化は国の優先順位付けを待っている状況です。

 もっとも千葉市内では、東関東道「検見川・真砂スマートIC」の設置と周辺部の国道357号立体化事業が進められている真っ最中。こちらへ予算を優先的に投入し、一段落すれば別事業へ目を向ける、ということになっていきそうです。

 京葉道路では2020年には船橋~幕張の西行きで「付加車線」が整備され片側3車線となっています。次なる課題区間、貝塚トンネルの改良計画がスタートするのはいつになるのか、今後の動向に注目です。

【画像】えっ…!これが「京葉道路」の渋滞対策工事です(15枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー