全長4mで6速MT搭載! マツダ「3ドアスポーツカー」あった! 「斬新ドア」×ガラス張り天井採用! めちゃ楽しそうな「KABURA」とは

マツダが20代の若者に提案した、ファッショナブルなスポーツクーペとはどのようなモデルだったのでしょうか。

「RX-8」よりも「お手軽」に… 期待された斬新モデルとは

 免許を取り立ての若者が求める、手軽でファッショナブルなスポーツクーペはあまりラインナップされていません。
 
 そうしたなか、マツダはかつて、運転を楽しみたい若者エントリーユーザーに向け、手軽なスポーツコンセプトモデルを発表していました。一体どのようなクルマなのでしょうか。

マツダが若者向けに提案した「KABURA」
マツダが若者向けに提案した「KABURA」

 2ドアロータリースポーツカー「RX-7」や4ドアスポーツ「RX-8」、2ドアオープンカー「ロードスター」など、マツダはこれまで世界的にも人気を博したスポーツモデルを多く販売してきました。

 こうしたマツダのスピリットを取り込みつつも、免許を取得して間もない20代のユーザーをターゲットに捉えた、新たな価値観のスポーツコンセプトカーが「KABURA(カブラ)」です。

 KABURAは2006年1月に北米デトロイトで開催された「北米国際オートショー(NAIAS)」で世界初公開されました。

 車名のKABURAとは、戦いの開始を告げる音を放つ矢という意味の鏑矢(かぶらや)に由来し、「戦いの最初の矢=鏑」は先進的で挑戦的なマツダスピリットを象徴しているといいます。

 当時、現代の若者や社会のニーズに応えるマツダらしい「Zoom-Zoom」なコンパクトスポーツクーペの新しい提案だと説明しており、センスがよく創意に富み、はつらつとしたものを求めるジェネレーションYをメインターゲットとしています。

 ボディサイズは全長4050mm×全幅1780mm×全高1280mm、ホイールベースは2550mmと、運転初心者でも扱いやすいコンパクトなサイズです。

 デザインは米国マツダのデザインセンターが担当し、フランツ・フォン・ホルツハウゼン氏がディレクターを務めました。

 エクステリアは「運転への情熱」を表現したといい、力強く張り出した前後のホイールアーチや連続し途切れないように描かれたキャラクターラインを持ちます。

 フロントフェイスは当時のマツダ車共通の大きなグリルを備え、ロアダクトと一体デザインのL字型ヘッドライトが精悍な印象を与えます。

 ボンネットは中央部分がシースルーとなっており、搭載エンジンを眺めることが可能です。

 ボディサイドはクラシックなクーペスタイルですが、フロントウインドウからルーフにかけては1枚のガラスで構成され、良好な視界と開放感を確保しています。

 リアは2枚構造のガラスハッチとなっており、ルーフ後端ガラスは上部に開くことで、ルーフスポイラー、室内空気の排気、後部頭上スペース拡大といった3つの役割を果たすとともに、内蔵のソーラーパネルでバッテリー充電も可能です。

 そしてもう1枚のガラスハッチは通常はリアウィンドウとなりますが、あえて横開きにするというユニークな構造です。

 インテリアはドライバーを中心としたもので、ライトグレーを基調にブラックのパネルやダブルステッチを施したメーターフードを備えるなど、ファッショナブルなクルマを求める若いユーザーでも満足のいく仕上がりです。

 さらに、ナイキ社のスポーツシューズの生産過程で発生した再生皮革を用いるなど、サステイナブルと機能性も追求されています。

 座席レイアウトも独特で、当時のマツダによると若いユーザーは3名でクルマに乗ることが多いとしており、このニーズを満たすべく通常のクーペにありがちな2+2の4人乗りではなく、3人乗車を基本に1人乗りシートを追加するという発想を取り入れています。

 そのため、助手席はグローブボックスを取り除き、フロントに約15cmオフセット。こうして稼いだ助手席後ろスペースにリアシートを配し、千鳥配置のようなレイアウトとなっています。

 リアシートの乗降性にも配慮し、助手席側にはRX-8の「フリースタイルドア」のような小型のドアを備えましたが、ボディに吸い込まれるかのようにドアがリアフェンダー側に格納される斬新な機構を採用。

 エクステリアからは後部ドアの存在感をまったく感じず、デザイン性の向上にも寄与しています。

 シャシはロードスター(NC)の構成を基本とするフロントエンジン・リアドライブ(FR)レイアウトを採用。パワートレインは堅実的なもので、直列4気筒の2リッターDOHC「MZR」エンジンを搭載。これに6速MTを組み合わせています。

 サスペンション形式はフロントがダブルウイッシュボーン、リアがマルチリンクを採用。タイヤサイズはフロント245/35R19、リア245/35R20と異径であり、リア駆動の楽しさを最大化し、スポーティな走行も可能となっています。

 そんなKABURAは公開時、ダイナミックでセンスのよいスタイリングや、十分現実的なパワーユニット、そして若者でも「手に入れられるクーペ」と説明されていたことから、20代にも親しみやすい手頃なニューモデルとして大いに期待されていました。

 しかし、登場から20年近く経過した現在でも、残念ながら市販モデルの登場には至りませんでした。

【画像】超カッコイイ! これがマツダの「小さな3ドアスポーツカー」です! 画像で見る(40枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー