レクサス最小「新型“小さな高級車”」登場! 全長4.2mの“小型ボディ”にクラス超え「プレミアム内装」採用! どんなモデル?

レクサスのSUVラインナップに新たに追加された新型「LBX」は、小型のボディにタイプ別に高級インテリアが用意されました。どのようなインテリアなのでしょうか。

最上級仕様は約33万通りのインテリアから選択可能!

 レクサスは、2023年12月に新型コンパクトSUV「LBX」を発売しました。
 
 新型LBXは同ブランド最小サイズのSUVですが、上級モデルと同様の高い質感を実現。
 
「高級車の概念を変える、サイズのヒエラルキーを超えた次世代レクサスモデル」として投入され、2024年1月は849台、2月は1905台、3月は2411台と順調に販売を伸ばしています。
 
 新型LBXとは一体どのようなモデルなのでしょうか。

オーダーメイドの新型「LBX ビスポークビルド」のインテリア
オーダーメイドの新型「LBX ビスポークビルド」のインテリア

 新型LBXのプラットフォームは、トヨタのコンパクトカー「ヤリス」と同様の「TNGA GA-B」を採用。

 ボディサイズは全長4190mm×全幅1825mm×全高1545mmと取り回ししやすいコンパクトなサイズを実現しながら、専用チューニングを加えたうえで、サスペンションやブレーキなどのフィーリングも変更しています。

 パワートレインは1.5リッター3気筒ガソリンエンジン+モーターのハイブリッドで、駆動方式はFFまたは4WD(E-Four)が用意されました。

 エクステリアは、スタンスの良いダイナミックなプロポーションを実現しながら、レクサスの新たなフロントフェイス「ユニファイドスピンドル」を採用。存在感と上質さを併せ持ち、さらにカジュアルな雰囲気も感じられるデザインです。

 そして、新型LBXですが、ブランド最小でありながらインテリアの質感は上級クラスのレクサスモデルに引けを取らない仕上がりとしました。

 レクサス車に共通する「Tazuna Concept」をインテリアのコンセプトとし、馬を操る際に使う「手綱」に着想を得て、少ない視線移動で操作しやすい空間を実現しました。

 インパネは水平基調とし、インフォテインメントシステムやメーターなどを適切に配置しながら、ドアトリムまで繋がった立体的なデザインにすることで、手の内感と包み込まれるような造形となっています。

 インパネやシート、センターコンソールにはステッチが施されていますが、こうしたステッチの縫製方法にもこだわったほか、運転時に体を支える表皮巻きのニーサポートなどを採用し、上質な空間に仕上げました。

 インテリアは3タイプが用意され、好みに応じて選べるコーディネートとなっています。

「Cool(クール)」は、セミアニリン本革×ウルトラスエードを用いたコンビシートと、スエード調素材を採用したドアトリムやコンソールなどを装備。

 内装色はブラック&ダークグレーの落ち着いたカラーを基調としつつ、シート中央やサイドにタンカラーのステッチをあしらい、クールでスタイリッシュなインテリアが特徴です。

 もう一方の「Relax(リラックス)」は、セミアニリンのフルレザーシートを備えるほか、アームレストやセンターコンソールなどにもレザー素材を使用し、インテリアはサドルタンとブラックの2色が用意されたシックなインテリアとしました。

 なお、このクールとリラックスはエクステリアカラーのラインナップやホイールが異なるなど、外観の印象も変えています。

 そして、上級タイプの「Bespoke Build(ビスポークビルド)」はユーザーの好みで仕様を選ぶことができる“完全オーダーメイドモデル”です。

 シート表皮素材やカラーだけでなく、シートベルトやステアリング、シフトノブ、ステッチのカラー変更と縫製方法の変更が可能。そのうえで「Bespoke Build」のメタルプレートも備わります。

 インテリアカラーは専用の「オーカー(ブラウン系)」、「ダークローズ(ワイン系)」、「ソリスホワイト」の3種類を用意。革を柔らかくなめしたレクサス独自の最高級素材「L-ANILINE(アニリン)」も選択することが可能。

 エクステリアカラーやビスポークビルド専用アイテムなどを自分好みに組み合わせることで、約33万通りの仕様が可能だと言います。

 新型LBXの価格(消費税込)は460万円から576万円です。

※ ※ ※

 コンパクトSUVで自分の好きな仕様をオーダーメイドできるのは、国産車では新型LBXのビスポークビルドだけでしょう。

 もちろん、クールやリラックスでもクラスを超えたプレミアム感を実感できることは間違いなく、新型LBXはまさに「小さな高級車」と呼べる仕上がりとなっているといえそうです。

【画像】超カッコイイ! これが「小さな高級車」の内装です! 画像を見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 空調の調整がタッチパネルなのはいただけない。。。
    T-Cross乗っているんだけど、ブラインドタッチは不可能なので本当に面倒。

  2. 当方はアルバイトでレンタカーの洗車業務をしていますので洗車は得意です。いつも綺麗に車に乗れるのは気分がいいでです。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー