スズキ製!? 斬新「ミニ Gクラス」登場!? 高級オフロードSUV風デザインだけど… 違和感“無さ過ぎ”な正体とは

中古車市場でコンパクトカー規格のメルセデスベンツのクロカン「ゲレンデ」が発見されました。いったいどのような個体なのでしょうか。

初見じゃわからない? ミニGクラスとは

 日本のみならず世界中で人気の高いメルセデス・ベンツ「Gクラス」、長い歴史を持ち、いまでもかつての名称「ゲレンデ」の愛称で親しまれています。

 一方でスズキ「ジムニー」も不変なコンセプトから世界中で支持されていますが、それらを合わせたようなモデルが中古車市場に登場しました。 

初見じゃわからない? ミニGクラスとは(画像:ウルトラック)
初見じゃわからない? ミニGクラスとは(画像:ウルトラック)

 Gクラスもジムニーも共にカクカクしたスクエアなデザイン、そしてラダーフレームを持ち高い悪路走破性能を誇っています。

 今回、中古車市場で発見された個体は、ジムニーシエラの見た目をGクラスに仕立てたモデルです。

 2023年式の個体でミディアムグレーとなっています。

 ジムニーシエラは軽自動車の「ジムニー」を普通車規格に変更したもので、見た目ではオーバーフェンダーによるエクステリアの違いが大きな変更点になります。

 パワートレインも普通車規格に変更され、1.5リッター直列4気筒の最高出力102馬力のシエラは低速からの立ち上がりや高速走行においても、圧倒的なアドバンテージを誇ります。

 基本的な内外装はジムニーと共通で、現行モデルの武骨ともいえる角ばったボディやフロントグリルの形状、ウインカーレンズなどは歴代ジムニーをオマージュしたものです。

 また、プラットフォームはラダーフレーム、サスペンションはリジッドアクスルを採用することで、オフロード走行において世界中でも一目置かれています。

 そんなコンパクトクロスカントリー車であるジムニーシエラのGクラスカスタムの個体は、ウルトラックで販売されています。

 最大のトピックは、Gクラスをオマージュした外観で変更箇所は多岐に渡ります。
 
 変更点はフロントグリル、ヘッドライト、ドアミラー、ボンネット、前後オーバーフェンダー、前後バンパーとなっており、ルーフやガラス周り、ドアパネル以外のほとんどが変更されています。

 さらにボディモールやタイヤカバー、ウインカー、アルミホイールもGクラス風のものが装着されており、パッと見ではGクラスの小型車といっても通用するほどの出来栄えです。

 対して、インテリアは基本的にジムニーシエラのもので、センターにオレンジの配色がされたツートンカラーのシートのみオリジナルとの違いです。

 今回、どういった経緯でこのジムニーシエラのカスタムの取り扱いに至ったのか、ウルトラックの担当者は以下のように話します。

「ジムニーシエラの新車を発注していましたが、納期に一年半近くかかるとのことで断念。そのときジムニーシエラの仕様を見つけて、即購入しました」

※ ※ ※

 今回のジムニーシエラのゲレンデ仕様は、車両本体価格385万円にて掲載されています。

 ウルトラックでは今後、他のモデルでも同じようなカスタム車両があれば、取り扱う予定とのことです。

【画像】カッコいい! これが「斬新ミニ高級SUV」です! 画像を見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー