スズキが「本格軽SUV」実車公開へ!“ジムニー顔”×斬新内装採用! 新型「スペーシア」アウトドアカスタムお披露目

スズキは、新型「スペーシア」をベースとしたアウトドア仕様のコンセプトモデルを実車展示します。どのようなモデルなのでしょうか。

めちゃカッコいい“ジムニー顔”の軽ワゴン登場

 スズキは、2024年6月28日から3日間開催される「東京アウトドアショー2024」にブースを出展し、参考出品車1台を含む全3台を出品します。
 
 参考出品される「スペーシア パパボクキッチン」は、2023年にフルモデルチェンジした新型「スペーシア」をアウトドア仕様にカスタマイズしたコンセプトモデルです。

ジムニー顔!?の新型「スペーシア コンセプトモデル」
ジムニー顔!?の新型「スペーシア コンセプトモデル」

 2024年1月に開催された「東京オートサロン2024」で実車が初公開され、今回アウトドアイベントで再出品されることとなりました。

 3代目となる新型スペーシアは、内外装デザインの刷新のほか、機能性・安全性などが向上。

 従来モデルから引き続き、標準仕様のスペーシアとカスタム仕様のスペーシア カスタムが設定され、どちらも大容量のコンテナをモチーフとしたデザインを採用した、遊び心あるスタイルが特徴です。

 内装は、上質感あふれる仕立てとなったほか、後席にオットマンや荷物置きなどさまざまな用途に使える「マルチユースフラップ」を設けるなど、機能的で便利なアイテムも採用され、居住性や使い勝手が向上しました。

 そんな新型スペーシアをベースとしたスペーシア パパボクキッチンでは、料理で親子のコミュニケーションが弾むファミリーキャンプの世界観を表現。

 外観は、まるでスズキの軽本格四駆「ジムニー」のような5スロットグリルと丸目ヘッドライトを装着し、頑丈そうなフロントグリルやボディ下部にはスキッドプレート状のパーツが装着されます。

 屋根にはルーフレールを搭載し、フロントドアにはヒンジのようなパーツが取り付けられており、タフギア感あふれるクロスオーバーSUV風のスタイルに仕立てられました。

 さらに、ブロンズのホイールにホワイトレターのオールテレーンタイヤ(ヨコハマ ジオランダーA/T)が組み合わされ、SUVらしいワイルドな外観デザインを実現しています。

 内装は、インパネやドアパネルにオレンジ・ベージュのアクセントカラーが施され、シートもブラウン×オレンジを取り入れたものを採用。ウッド調加飾も加わり、アウトドア感を盛り立てるアクティブなインテリアを備えました。

 スペーシア パパボクキッチンでは、車内がキャンプ仕様になっていることが最大の特徴で、後席から荷室にかけてはキッチンスペースにカスタマイズされています。

 引き出し式のキッチンを展開することでコンロやシンクが出現。車両の後方では調理をすることができるようなユニークな仕掛けも施されました。

【画像】カッコいい! これがジムニー顔の「軽ワゴン」です! 画像を見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー