289万円!ホンダ新型「5ドアハッチバック」発表に反響多数!?「中々かっこいい」「こういうの売れそう」の声! スポーティな「RS」もある顔面変わった「シティ」マレーシアで予約開始

ホンダのマレーシア法人が2024年4月22日、「シティハッチバック」の改良モデルを発表し、予約受付を開始しました。ネット上では様々なコメントがあるようです。

「日本でもこういうの欲しい」の声多数

 ホンダのマレーシア法人が2024年4月22日、「シティハッチバック」の改良モデルを発表。予約受付を開始しました。ネット上ではさっそく様々な声が上がっています。
 
 いったいどのようなクルマで、どのような声が上がっているのでしょうか。

これは欲しい!ホンダ新型「シティハッチバックRS」
これは欲しい!ホンダ新型「シティハッチバックRS」

 コンパクトカー「シティ」は初代モデルが1981年に登場。斬新な短い全長ながら高い車高で高い居住性を確保し、人気を集めました。

 日本では1995年をもって国内販売を終えましたが、「シティ」の名前は新興国を中心とした海外向け4ドアセダン車として生き残っています。

「シティハッチバック」は2019年に登場。特にマレーシアでは人気が高く、販売台数ランキング3位を記録しています。

 マレーシア展開車のボディサイズは全長4345mm×全幅1748mm×全高1488mmで、ホイールベースは2600mmです。

 今回の改良では、フロントグリルに変更があり、より引き締まった精悍なデザインに仕上がっています。

 またスポーティグレード「RS」にはブラックホイールを装着するなど、スポーティモデルらしさが際立っています。

 販売価格は8万5900リンギット(約289万円)から11万2900リンギット(約380万円)まで。発売予定は2024年第2四半期です。

※ ※ ※

 この改良「シティハッチバック」に対し、ネット上では「めちゃカッコイイやん」「中々かっこいいと思うんだよなぁ」「いいです!これ」といった声が集まっています。

 なかには「こういうのを日本でも販売して欲しいなぁ」「こういうの日本でも売れると思うんだけど」「この車こそ日本導入を願いますよホンダさん。もう四角い車やSUVばかりお腹いっぱいですよ!」と日本展開に期待する声も寄せられていました。まだ日本での「復活」の発表はありませんが、今後の動向に注目です。

ホンダ・シティのカタログ情報を見る

【画像】超カッコいい!? これがホンダ新型「シティ」です!画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー