電気大型トラック「Vision ONE」世界初公開 東京モーターショー2017にて 三菱ふそう

三菱ふそうは10月25日に開幕した「東京モーターショー2017」にて、電気大型トラックのコンセプトモデル「Vision ONE」を世界初公開しました。

三菱ふそうが描く「未来の電気トラック」

 三菱ふそうは2017年10月25日(水)に開幕した「東京モーターショー2017」にて、電気トラックのコンセプトモデル「Vision ONE」を世界初公開しました。同時に、電気商用車ブランドの「E-FUSO」を新しく設定し、今後数年以内に全車種のトラックとバスに電動化モデルを開発することを発表しました。

世界初公開、三菱ふそうの電気大型トラックコンセプトモデル「Vision ONE」(画像:Daimler AG)。

 E-FUSO「Vision ONE」は、車両総重量23.26トン、最大積載量11.11トンの、大型トラックに分類されるコンセプトモデル。1回の充電で最大350km走行可能で、「潜在的用途は、都市内の拠点間輸送」(三菱ふそう)といいます。市販化は今後4年から5年内としています。

 三菱ふそうのマーク・リストセーヤ取締役社長・CEOは「Vision ONE」について、「完全電気大型トラックの実現を目指す当社の未来を示したコンセプトモデルです。商用車の電動化において、当社がトップランナーであることを改めて示すモデルです」といい、「今回、このコンセプトモデルの発表は、全車種のトラックとバスの電動化モデルを開発する当社の取り組みを実証するものです」としています。

 なお、「東京モーターショー2017」の三菱ふそうブースは「LIGHT UP TOMORROW」をテーマに、2017年9月に発表された初の量産電気小型トラック「eCanter」や、大型トラック「スーパーグレート」のトラクタ仕様、2017年5月に発売された大型観光バス「エアロクィーン」などを展示しています。

【了】
提供:乗りものニュース

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事