いすゞ新型「7人乗りSUV」登場! スポーティ&タフな本格派「MU-X」の魅力とは! 人気の理由を「生産国」タイから解説!

アジアをはじめとする世界各国で販売され、人気となっている本格SUVがいすゞ「MU-X(ミューエックス)」です。日本未発売のモデルで特に生産国のタイで人気だというのですが、どのような魅力があるのでしょうか。

ピックアップトラックベースのいすゞ「MU-X」とは?

 タイをはじめASEAN地域や豪州、中東、中米など、世界60か国で展開され、人気となっているのが、いすゞ「MU-X(ミューエックス)」です。
 
 2002年にSUVも含め乗用車の製造販売を終了したはずの「いすゞ自動車」ですが、ピックアップトラックの「D-MAX(ディーマックス)」から派生したSUV(正式にはPPV/ピックアップ・パッセンジャー・ヴィークル)であるMU-Xが注目を集めています。一体どのような魅力があるのでしょうか。

迫力スゴイ! いすゞの 新型3列シートSUV「MU-X」
迫力スゴイ! いすゞの 新型3列シートSUV「MU-X」

 乗用車の販売を廃止し商用車だけのラインナップとなったことで、日本市場では「はたらくクルマ」のイメージが強いいすゞですが、実は1933年から自動車を作り続けている長い歴史があります。

 2002年の乗用車部門撤退までには「117クーペ」や「ジェミニ」「ピアッツァ」といったいくつもの名車を輩出してきました。

 またトラックやバスの製造技術を生かしたクロカン「ビッグホーン」も製造していましたが、より扱いやすいサイズで開発されたのが、1989年に登場した「MU(ミュー)」です。

 デビュー当時は本格派クロカンなのに2/3ドアという特殊なモデルで、その後5ドアの「ミュー・ウィザード(2代目からは「ウィザード」に変更)」も存在しました。

 そして今回の主役であるMU-Xは、D-MAXと共通のコンポーネンツを使用しつつも、ミューの系譜を受け継いだ車名を採用しています。

 現行モデルは2020年10月に発表された2代目で、ラダーフレームを用いたボディは全長4850mm×全幅1870mm×全高1875mm、ホイールベース2855mmと大柄。

 乗用として使えるほどの装備と快適性を誇り、さらに3列シートを装備することで7人が乗車でき、ミニバン的な使い方も可能にしています。

 パワーユニットは、1.9リッターと3リッターのディーゼルエンジンを搭載。駆動方式は4WDとFRが選べるという本格派SUVとなっています。

※ ※ ※

 直近では2024年6月に大幅改良モデルを発表。外観デザインが大幅にアップデートされ、フロントバンパーに新たにエアカーテンを採用することで、エレガントさと俊敏かつモダンな印象にくわえて、高い空力性能も両立させました。

 インテリアはインパネ、シート、ドアトリムを刷新し、細部の作り込みと質感へのこだわりを徹底。先進性、高級感、機能性がより高い次元へ引き上げられています。

 先進機能では、新世代ステレオカメラの採用により、交差点進入時の対向横断歩行者、後退時や後側方車両の検知が可能になりました。さらに、外気温が低い時にカメラレンズ周囲の曇りを防ぐ機能や、サラウンドビューモニターシステムも搭載されました。

【画像】超カッコイイ! これがいすゞの新型「SUV」です! 画像を見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー