スバル「スゴイ“水平対向エンジン”」初公開に大反響! 「スバルらしさ」を追求して次世代エンジン開発へ! 厳しくなる規制に「ボクサー消滅しないで」の声

2024年5月28日にスバルが新たなエンジン開発を発表したことについて、ユーザーから多くの反響が寄せられています。

新たな水平対向エンジン初公開にユーザーの反響は?

 2024年5月28日にスバルはトヨタやマツダと共に、電動化に対応した新たなエンジンの開発を発表しました。
 
 カーボンニュートラル実現に向けた動きに、ユーザーからは多くの反響が集まっています。

新型「クロストレック」のカモフラージュ車両
新型「クロストレック」のカモフラージュ車両

 スバルはカーボンニュートラル社会の実現に向けて、独自のアプローチが必要だと述べており、その独自性は水平対向エンジンにあるといいます。

 このエンジンは軽量かつコンパクト、そして低重心・低振動であることが特徴であり、スバルのシンメトリカルAWDと組み合わせることで、「スバル=AWD」という強いイメージを確立しています。

 今後スバルは「スバルらしいバッテリーEV」を投入するだけでなく、水平対向エンジンに電動化技術を組み合わせてさらなる進化を目指すと発表。

 また、カーボンニュートラル燃料の活用に向けて、水平対向エンジンをさらに改良し、実用化を目指すことも明言されました。

 スバルの代表取締役社長 大崎篤氏は、カーボンニュートラル社会の実現が日本の産業界全体の課題であると強調し、3社で日本の自動車産業を盛り上げる意欲を示しました。

 具体的な施策の1つとして、次世代ハイブリッドシステム導入の検討が挙げられています。

 現行のe-BOXER(マイルドハイブリッド)はパラレル式ですが、今後はシリーズ・パラレル式を採用し、効率的な燃費性能を追求。

 新しいエンジンと次世代ハイブリッドシステムでは、PCU(パワーコントロールユニット)をエンジン上に配置し、ガソリン車と同等のタンク容量を確保する計画です。

 同時にスバルはカーボンニュートラル燃料の提供に向けた研究も進めています。

 スーパー耐久の場で行われてきたこの研究は、今後のエンジン開発にも反映されるとのことです。

 スバルは厳しい排気ガス規制に対応するため、ターボエンジンを用いたカーボンニュートラル燃料の活用を推進し、AWD駆動力制御技術の課題にも取り組んでいくとしています。

 水平対向エンジンの未来について、スバルのCTO 藤貫哲郎氏は次のように語りました。

「効率化を求めると、水平対向エンジンが良いかといわれれば必ずしもそうではないです。

 ただしそれが無くなった時のスバルとは何なのか、と。マスブランドでグローバルに水平対向エンジンをやっているのはスバルだけです。

 BEVもスバルらしさを目指してやっていきますが、合わせてエンジンもしっかり作っていきたいと思います」

 スバルはトヨタ・マツダと商品軸では競争しながらも、カーボンニュートラル実現に向けて協力していくとしています。

※ ※ ※

 今回の発表に、ユーザーからは「ストロングハイブリッドとボクサーエンジンの組み合わせはスバルユーザーの待望です」「どうか水平対向エンジンは消滅しないでほしい」「バイオ燃料のハイブリッド水平対向エンジン車出してほしい」と、次世代の水平対向エンジンに期待する声が多く寄せられています。

 また「実際に発売されたら試乗してみたい」「今後の新型車に搭載されるのが楽しみ」「WRXに搭載されたら面白そう」など、市販化を心待ちにしているコメントも見られました。

【画像】「えっ…!」これが「新型クロストレック」です!(30枚以上)

えっ…!かっこよすぎる!すばるのニュースを見る!

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー