三菱「新型“SUV”ミニバン」公開! 4.5m級ボディにMT設定あり! 約350万円の「エクスパンダー “エリート”LE」に反響 尼で登場

三菱のインドネシア法人は、現地生産のクロスオーバーミニバン「エクスパンダークロス」に新たな特別仕様車を発表。これについてユーザーから反響も集まっています。

三菱「エクスパンダークロス」の“新”特別仕様車登場!

 三菱自動車工業(以下、三菱)のインドネシア法人は、現地生産のクロスオーバーミニバン「エクスパンダークロス」に新たな特別仕様車を設定し、800台限定で発売すると2024年5月8日に発表。

 これについてユーザーから反響も集まっています。

超丁度いいのでは!  三菱新型「エクスパンダークロス エリート リミテッド エディション」
超丁度いいのでは! 三菱新型「エクスパンダークロス エリート リミテッド エディション」

 エクスパンダークロスは、3列シート・7人乗りのクロスオーバーミニバンとして2019年に登場しました。

「エクスパンダー」をベースに、SUVのテイストを盛り込んだクロスオーバーモデルで、同シリーズでは最上級モデルに位置付けられています。

 2019年にインドネシアで発売され、その後東南アジア、中東、中南米、アフリカと販売市場を拡大しており、2022年度のグローバル販売台数はエクスパンダーと合わせて13万台以上。

 三菱のなかでも3番目の売れ筋モデルとなっており、世界戦略車として三菱の成長を牽引しています。

 エクスパンダークロス インドネシア仕様のボディサイズは、全長4595mm×全幅1750mm×全高1750mm。乗車定員は前列から2人-3人-2人の7人乗りです。

 エクステリアには 未塗装のフェンダープロテクター、シルバー塗装のバンパーロワガード&ドアクラッディングパネル、ルーフレールなどが追加装備され、より力強い印象を感じさせます。

 パワートレインは最高出力105ps/最大トルク141Nmを発揮する1.5リッターエンジンにCVTまたは5速MTを組み合わせています。

 なかでも今回発表された特別仕様車「エリート リミテッド エディション」は、トレンド感のあるツートーンカラーがポイントです。

 既存カラーのパールホワイトまたはグリーンブロンズメタリックをベースに、フロントグリル、各ピラー、ルーフ、ドアミラーカバーなどをブラックで塗装。スポーティで洗練された印象に仕上がっています。

 インテリアにもプレミアムオーディオシステムが追加装備され、音響効果を高めています。

 エリート リミテッド エディションの車両価格は、3億6115万ルピア(約350万円)です。

※ ※ ※

 エクスパンダークロスの新たな特別仕様車の登場に「かっこいい!」「個人的にすごく好み〜」といった声、また「日本で発売してもらいたいほどの魅力的なモデルだわ」「日本導入してほしいー」と日本導入を望む声などさまざまな反響が集まっていました。

【画像】超カッコイイ! 三菱「新型SUVミニバン」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー