スマホと同じくクルマもワイヤレス充電が可能に!? 自然界からもヒントを得て開発する「マーレ」の技術力

クルマに関する最新技術の展示会「人とくるまのテクノロジー展2024 YOKOHAMA」が、2024年5月22日~24日、横浜市のパシフィコ横浜で開催されました。世界中のクルマの最新技術が集結する会場で見つけた「マーレ」の注目すべき、最新技術を紹介します。

サンゴ礁からヒントを得た「バイオニックバッテリークーリングプレート」

 クルマに関する最新技術の展示会「人とくるまのテクノロジー展2024 YOKOHAMA」が、2024年5月22日~24日、横浜市のパシフィコ横浜で開催されました。世界中のクルマの最新技術が集結する会場で見つけた「マーレ」の注目すべき、最新技術を紹介します。

リチウムイオン電池用の冷却システム「バイオニックバッテリークーリングプレート」
リチウムイオン電池用の冷却システム「バイオニックバッテリークーリングプレート」

「マーレ」は、ドイツを本拠地とする自動車部品メーカーです。自動車エンジンに関連する部品を得意とし、ピストンやバルブといった構造部品だけでなく、カーエアコンやエンジンの冷却システムなどエンジンに関連する部品を多く製造していますが、近年ではEVなど電動車向けのシステムや部品も手掛けています。

「バイオニックバッテリークーリングプレート」は、マーレが手掛けるリチウムイオン電池用の冷却システムのひとつです。プレート表面にある凸面の内部に流体の冷却剤を循環させることで、同プレートの上部に設置されたリチウムイオン電池を、常に10度~40度の最適な温度に保つようにします。その「水路」の形状は、とても不均等でいびつな形状をしていますが、その形にこそ高効率化の秘密が隠されています。この形状により圧力損失が最大20%減少し、熱伝達は10%増加するということで、その効果は絶大といえます。

 この不思議な水路のデザインは、なんとサンゴ礁からヒントを得たもの。サンゴは、海中で激しい潮の流れを受けながらも、満遍なく栄養を行き渡らせることで生命を維持しています。その形状をコンピューター解析してみたところ、均等に熱交換をおこなっていることが分かったそう。それをクーリングシステムに取り入れることで、効率を高めているのです。工業製品は、自然界からヒントを得て開発することがありますが、このユニークな水路も、そのひとつというわけです。

非接触のEV充電を可能にする「ワイヤレスチャージング」

 EVの普及において重要となるのが、充電システムです。しかしながら、現在のEVの一般的な普通充電および急速充電のシステムでは、ケーブルによる接続が必要となり、利用者にとって煩わしさがあるのも事実でしょう。その課題解決策のひとつとして開発が進められているのが「ワイヤレスチャージング」です。

マーレが開発を進めている非接触充電システム「ワイヤレスチャージング」
マーレが開発を進めている非接触充電システム「ワイヤレスチャージング」

 利用方法は、スマートフォンのワイヤレスチャージングと同等といえます。車両側に受信機、駐車スペースに送信機を備えることで、非接触での充電を可能としています。

 マーレでは、同じくドイツの電気機器メーカーであるシーメンスとの協業による開発を進めており、マーレが、電気を受け取る車両側の受信機を、電気を供給する送信機をシーメンスが担当しています。

 最新のシステムでは、11kWの普通充電に対応し、92%の効率での供給を可能としています。EVの充電がワイヤレスとなり、店舗や会社などの駐車場で小まめに充電ができるようになれば、高額な急速充電器だけに頼らない充電インフラの構築も可能となるだけに、EV向けのワイヤレスチャージング技術については、今後の展開が注目されています。

【画像】超便利! 非接触のEV充電を可能にする「ワイヤレスチャージング」を見る

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

Writer: 大音安弘(自動車ライター)

1980年生まれ。埼玉県出身。クルマ好きが高じて、エンジニアから自動車雑誌編集者へ。その後、フリーランスになり、現在は自動車雑誌やウェブを中心に活動中。主な活動媒体に『ナビカーズ』『オートカーデジタル』『オープナーズ』『日経トレンディネット』など。歴代の愛車は全てMT車という大のMT好き。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 同じようなコースを走る「コミュニティバス」あたりであれば実現できそうな予感。
    小型バスであれば、給電時間は短くて済むし、コミュニティバスであれば同じルートを走るので、このようなシステムでの給電は可能でしょう。この形での給電システムを日本では進めてほしい。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー