レクサスが「斬新リアゲート」採用の「高級SUV」初公開! ガバっと開く「観音開き」は中身がスゴイ! 米の新型「モノグラムGX」の正体とは

レクサス「GX」のユニークなコンセプトカーが発表されました。一体どのようなモデルなのでしょうか。

観音開きのテールゲートを開けると意外なものが鎮座!?

 レクサスの米国部門は、新型「GX」のデビューを記念した特別モデル「モノグラムGX」(コンセプトカー)を初公開しました。
 
 高級家電ブランドMonogram(モノグラム)と提携して製作したモノグラムGXは料理、ワインの愛好家のためにデザインされたもので、2024年6月14日から16日まで米コロラド州アスペンで開催される「フード&ワイン・クラシック」で正式デビューします。

リアが観音開き!? 斬新すぎる「モノグラムGX」
リアが観音開き!? 斬新すぎる「モノグラムGX」

 モノグラム デザイナー コレクションにインスピレーションを得て、レクサスとモノグラムは、高級家電ブランドのクリエイティブ ディレクター リチャード T. アヌスキエヴィッチ氏に相談し、このコンセプトカーを実現。

 モノグラムGXは、マテリアリティとエンターテイメントのストーリーを表現し、インテリアはツートンのキャメルレザーのカスタムパターンを採用したほか、真鍮とチタンメタルや石の模様のアクセントなどを取り入れています。

 観音開きのテールゲートを開けるとピザやパンを焼ける電気式オーブンを荷室に搭載。リアゲート内側にはワイン&スピリッツバーとピザピールなどが左右に格納されています。

 後部座席には球体の氷を作れるフォージ加熱アイスプレスや冷蔵室が完備されたほか、ボディ外側のサイドパネルはグラスを格納できるスペースも用意されるなど、調理に関するさまざまな道具が車内に満載された、ユニークなコンセプトカーとなっています。

※ ※ ※

 レクサスのマーケティング担当副社長 シンシア・テンハウス氏は次のように述べています。

「新型GXは、ラグジュアリーとオフロード性能というユニークな二面性を併せ持ち、お客様が道路上で素晴らしい体験をすることができます。

 今回モノグラムと協力し、レクサスはGX体験を、道路での冒険と料理体験が出会う新しいレベルに引き上げました」

【画像】「えつ…!」カッコいい! これが斬新すぎる「モノグラムGX」です! 画像を見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー