スズキ新型「コンパクトSUV」発表! 全長4m以下の「カクカクボディ」が超カッコイイ! MTもある待望の「“5ドア”ジムニー」尼に登場

スズキのインドネシア法人は2024年5月29日、「ジムニー」の新たな5ドアモデルを同市場で発売しました。どのようなモデルなのでしょうか。

新型「“5ドア”ジムニー」発売

 スズキのインドネシア法人は2024年5月29日、コンパクトSUV「ジムニー」の5ドアモデルを同市場で発売しました。

カクカクボデイのコンパクトSUV!
カクカクボデイのコンパクトSUV!

 ジムニーは1970年の発売以来、国内外で多くのファンに愛され続けている世界最小クラスの本格四輪駆動車。その人気をさらに加速させているのがインドで生産されている5ドアモデルです。

 昨年の生産開始以来、アフリカや中南米などに輸出を広げ、新たなファン層を開拓しており、インドネシアでは今年2月に開催されたインドネシア国際モーターショー2024で現地初公開。市販化への期待が高まっていました。

 ボディサイズは全長3965mm、全幅1645mm、全高1725mm、ホイールベース2590mm、最低地上高210mm。

 パワーユニットは3ドアモデルと同じ1.5リッターガソリンエンジンで、最高出力102hp/最大トルク130Nmを発生します。ギアボックスは5速MTまたは4速AT、4WDシステムはパートタイム式です。

 インドネシア仕様はモノグレードで、LEDヘッドライト、15インチアルミホイール、9インチタッチスクリーンヘッドユニット、クルーズコントロールを標準装備するなど充実した内容です。内外装を飾り立てるアクセサリーも豊富に用意されています。

 ただ、日本仕様の上位グレードに標準装備されるドアミラーLEDサイドターンランプはオプションにも設定されません。

 ボディカラーはグラナイトグレーメタリック、パールブルーイッシュブラック、ジャングルグリーン、シフォンアイボリーメタリック、シズリングレッドメタリック、キネティックイエローの計6色。後者2つはルーフをブラックにしたツートーンとなります。

 価格はMT車が5億700万ルピア(約490万円)、AT車が5億2000万ルピア(約500万円)で、ツートーンカラーは300万ルピア(2万9000円)高となります。参考までに3ドアはMT車が4億4740万ルピア(約430万円)、AT車が4億6100万ルピア(約445万円)となっています。

スズキ・ジムニー のカタログ情報を見る

スズキ・ジムニーシエラ のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! スズキ新型「コンパクトSUV」を画像で見る(90枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

4件のコメント

  1. またオレオレ詐欺ですか。
    日本で発売される日が決まったら教えてくれ。
    そこまでアクセス数稼ぎたいんだ・・ホント情けない。

     

  2. 日本で販売されるのはいくら位になるのかな?

  3. ちゃんとタイトルに国を表す文字が書かれているので、それすらも隠す完全な詐欺記事よりは100倍ましなのですが、わざわざ漢字表記(一般の会話でそういう表現をする人は少ない)にするあたりがなんとも…
    記事書かれた方の趣向的に尼さんが大好き、とかいう事であればそこは異論は言いませんがw

  4. 尼って、amazonかと思ったww

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー