レクサス新型「最高級モデル」登場! もはや“自分で運転する必要ない”クルマの正体とは? 2000万円の超高級ミニバン「LM」に反響あり!

レクサス新型「LM」は2000万円の4座仕様と1500万円の6座仕様がラインナップされます。6座仕様のほうが500万円安い価格設定なのですが、これについてさまざまな反響がありました。

自分で運転するんじゃなく、後席に乗せてもらうクルマ登場!

 レクサスの最高級ミニバンとして新型「LM」が2023年12月に発売されました。
 
 初代LMは2020年に登場。同ブランド初のフラッグシップMPV(ミニバン)として、主にアジア圏のショーファーニーズに応える海外専用モデルとして投入されました。

贅沢な4座の高級ミニバン「LM」
贅沢な4座の高級ミニバン「LM」

 そして2023年12月に2代目へとフルモデルチェンジし、この新型モデルから国内市場での販売が開始されています。

 新型LMのボディサイズは全長5125mm×全幅1890mm×全高1955mm、ホイールベースは3000mmと、トヨタの高級ミニバン「アルファード」よりも若干大きいボディを持ちます。

 プラットフォームに最新のGA-Kを採用。ボディねじり剛性向上を図ったほか、床下ブレースを装備することで、体幹の強化と静粛性能向上、乗り心地の向上を両立しました。

 パワーユニットは、2.4リッターターボエンジン+前後モーターを搭載するハイブリッドで、システム最高出力は371馬力を発揮。6速ATを組み合わせ、駆動方式は4WDのみです。

 外観は、新テーマ「スピンドルボディ」を採用。空力性能と操縦安定性を追求しつつ、強く鋭いフロントや伸びやかなサイド、ワイド感のあるテールを表現しました。

 2列4座仕様の「エグゼクティブ」と3列6座の「バージョンL」が用意され、内装の各所には最上級の素材が用いられたほか、日本古来の文様やカッパーカラーのアクセントを施し、上質かつモダンなインテリアに仕上げています。

 新型LMの価格(消費税込)は4座仕様のエグゼクティブが2000万円、6座仕様のバージョンLが1500万円に設定されました。

 そして、乗車人数が少ない4座仕様のほうが500万円高い設定になっているのですが、一体何が違うのでしょうか。

 4座仕様と6座仕様とでエクステリアやパワートレインに違いはなく、500万円の差はインテリアの装備の違いによるものだといえます。

 6座仕様の後席は、前後左右の乗員との距離を十分に確保し、どのシートでも快適に過ごせるような配置としました。

 収納や操作パネル、14インチディスプレイなどが集約されるオーバーヘッドコンソールは3列目シートでも使いやすいように設計されたほか、助手席のヘッドレストは前方可倒と上下調整機能をもたせ、後席の開放感と見晴らしを考慮したものを採用しています。

 2列目シートは、オットマンやシートヒーター/ベンチレーション、格納テーブルが備わる電動シートを採用。左右席それぞれにエアコンやオーディオなどをコントロールできるマルチオペレーションパネルを装備しました。

 3列目シートはゆったりと座れるようにシートバックとクッションに厚みをもたせたほか、リクライニング時に自然な姿勢を保てるよう、シートバックの形状を最適化しています。

 一方、4座仕様のエグゼクティブには、6座仕様のバージョンLにはないアイテムを多数取り入れました。

 前席と後席を隔てるように、48インチの大型ワイドディスプレイやグローブボックス、冷蔵庫、傘立てを内蔵した「パーティション(電動昇降ガラス/調光機能付)」を搭載。

 後席シートは、オットマンやランバーサポート、アームレスト&格納式テーブルを一体化した専用の4ウェイパワーシートを備えています。

 そして、レクサス初のアイテムとして、エアコンやシートポジション、サンシェード、照明など、後席の乗員がそれぞれ設定できる「リアクライメートコンシェルジュ」のほか、アームレストとオットマンにもシートヒーターを採用。

 パーティション上部中央に取り付けた後席専用の「温熱感IRマトリクス」が乗員の周辺温度を検知することで、車内を常に快適な温度に保つなど、至れり尽くせりの各種装備が盛り込まれました。

【画像】スゴい! これが超高級ミニバンの“中身”です! 画像を見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー