日産「新型ピックアップ」発表! トヨタ「ハイラックス」サイズの“約300万円モデル“! MT設定&タフ顔がイイ「ナバラ」比で登場

日産のフィリピン法人は2024年5月22日、「ナバラ」の新たな改良モデルを発売したと発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

トヨタ「ハイラックス」サイズの新型「ナバラ」登場

 日産のフィリピン法人は2024年5月22日、ピックアップトラック「ナバラ」の新たな改良モデルを同市場で発売したと発表しました。

これもカッコイイ! 日産 新型「ナバラ」
これもカッコイイ! 日産 新型「ナバラ」

 ナバラは、80年以上にわたってピックアップトラックを生産している日産の世界戦略車。

 頑丈なフレーム構造を採用し、南米などでは「フロンティア」の名称で販売されています。トヨタ「ハイラックス」や三菱「トライトン」が競合車にあたります。

 ボディはシングルキャブ、キングキャブ、ダブルキャブの3種類あり、そのうちフィリピンで販売されるのはダブルキャブのみ。

 ボディサイズは全長5260mm×全幅1850mm×全高1840〜1860mm。パワートレーンは最高出力190ps/最大トルク450Nmを発生する2.5リッターディーゼルエンジンに6速MTまたは7速AT(マニュアルモード付き)を組み合わせたもので、駆動方式はFWDまたは4WDとなっています。

 レギュラーグレードは廉価順に「EL」「VE」「VL」「キャリバーX」「プロ4X」。このうち後者2つはデザインでも差別化され、押し出し感を強めています。

 具体的にはフロントグリル、ドアミラー、ルーフレール、ドアハンドル、ホイールなどがブラックに統一されるとともに樹脂製オーバーフェンダーの装着、鮮やかなレッドのアクセントカラーが要所に配されています。さらにプロ4Xはオフロード性能が強化されています。

 今回の改良によって、ディスプレイオーディオシステムのスクリーンサイズが従来の8インチから9インチへと拡大。またアンテナをポールタイプからシャークフィンタイプに変更するに伴い信号受信が改善。そのほか安全機能などさまざまな機能が最新世代へとアップデートされました。

 価格は111万5000ペソ(約300万円)からとなります。

【画像】超カッコイイ! 日産「新型ナバラ 」の画像を見る(19枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. どうせ日本での発売は無いじゃろ?
    ハイラックス、トライトンがあるんだからこれ以上は増えんだろうね(-_-)

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー