15年ぶりに「インテグラ」復活!? 「スポーティ“ハッチバック”」の実車展示に「好き」の声多し! 6速MTもある名車、米国登場の反響は?

「インテグラ」復活してました。SNSでも大きな反響があります。

二輪と四輪を行き来する「インテグラ」

 ホンダのファンであれば「インテグラ」の車名を知る人は多いでしょう。
 
 最近では、北米と中国で異なるインテグラが登場していますが、とくに正統な後継とも言えるインテグラは度々、イベントでも展示されます。

熱望の声集まる! アキュラ最新型「インテグラ」
熱望の声集まる! アキュラ最新型「インテグラ」

 日本でインテグラと言えば、3ドアもしくは5ドアのクーペで、1985年に初代を発表・発売し、2004年の4代目の商品改良を最後に日本での販売を終了したモデルです。

 初代から4バルブのDOHCエンジンを搭載し、2代目で排気量1リッターあたり100psを超える馬力を達成し高性能をアピール。

 さらに3代目・4代目に設定された「タイプR」が、レーシングカー顔負けのスポーツ性能を発揮したことで、インテグラを無二の存在に押し上げました。

 ちなみにインテグラはもともと二輪の車名です。

 1985年に四輪に譲り、その販売が終了した後は再び二輪に戻りました。

 日本での二輪のインテグラは、2012年に登場し2016年に販売を終了。海外専売モデルとなりましたが、現在は「フォルツァ750」が後継を担っています。

 インテグラの車名はこのように輪廻しています。二輪での車名が消えた後、四輪にその車名が復活しました。

 2021年9月には、北米の高級ブランド「アキュラ」の車種として発表。1.5リッターのターボエンジンとともに6速MTが採用されたことで話題となりました。

 2021年12月には、中国向け「シビックセダン」の姉妹車として、北米とは全く異なる「インテグラ ハッチバック」も登場しました。

 2022年2月に予約を開始。1.5リッターのターボエンジンとともに6速MTが採用されたことで話題となりました。

 また話は北米に戻り、2023年1月にはスポーティ仕様の「インテグラ タイプS」を、米国の「デイトナ24時間レース」で初公開。

 2リッターで300馬力超えの高回転型VTECターボエンジンの搭載が公表されました。

 そんな北米インテグラですが、最近では2024年3月29日?4月8日まで、「ニューヨーク国際オートショー2024」でも展示されました。

 5ドアハッチバックではありますが、インテグラの伝統ともいえる流麗なクーペスタイルは健在で、ボンネットが低く長くとられているため、前輪駆動らしさを感じさせず高級感があります。

 そしてリアのデザインが特徴的です。スラント型でボリューム感があり、サイドまで回り込んだ切れ長のテールランプが個性的。

 どことなく4代目を彷彿とさせるデザインでもあり、懐かしさと新しさが同居しています。

 ボディサイズは全長4719mm×全幅1829mm×全高1410mm、ホイールベース2736mmです。

 エンジンは2種類。1.5リッターのVTECターボ(最高出力200hp/6000rpm・最大トルク260.35Nm/1800?5000rpm)と、2.0リッターのVTECターボ(最高320hp/6500rpm・最大420.36Nm/2600?4000rpm)が用意されてます。

 グレードは基準車と「A-Spec」「Type S」の3種類。基準車とA-specには1.5リッター、Type Sには2リッターのエンジンが搭載されます。

 A-specも2種類に分かれ、ベーシックと「テクノロジーパッケージ」があり、後者にはADC(アダプティブダンパーシステム)が装備されます。

 トランスミッションはCVTと6速MTを用意。基準車はCVT、A-SpecはCVTと6速MT、Type Sは6速MTのみが装備されます。

 このインテグラにはネット上でも反響が見られます。

「アメリカではシビックの姉妹車として上手に売っている。日本導入にも期待」「エッジが効いていて好き」「アキュラ顔だけど迫力があって好き」

 一方「ボディが大きい、やはりアメリカサイズ」「日本で売っても需要がないかも」「やっぱりDC2(3代目)がベスト」というコメントも見られました。

 未だに根強いファンがいるモデルなだけに、賛否両論があるようです。

※ ※ ※

 栄光のインテグラ Type Rの復活を望んでいる人も多いことでしょう。

 淡い期待ですが、日本へ導入するか否かも気になります。

【画像】超カッコイイ! 最新型「インテグラ」を画像で見る(44枚以上)(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. フェイクタイトルは、やめてください(笑)
    日本でも登場したって勘違いするじゃあないか?
    日本でも売って欲しいね~。ちなみに
    俺のインテRは、B18ターボだから
    ついに、純正でもターボだからなぁ。
    シビックだけじゃ、物足りないな。

  2. フロントのホンダ顔がダサくて大して売れない微妙なメーカーって認識して欲しい。
    ホンダ顔路線から脱却出来れば頼もしい

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー