最速級の“超シャコタン”「クラウン“セダン”」公開! 全長5m超えの「ビッグな王道セダン」が“ベタベタ”に! 走行も可能なド迫力仕様に「カッコイイ!」の声も

足回りパーツを扱う「T-DEMAND(ティーディメンド)」がトヨタ新型「クラウン セダン」のローダウンモデルを公開。これについてユーザーからも反響が集まっています。

ベタベタなトヨタ新型「クラウン セダン ド迫力仕様」に反響も

 サスペンションなど足回りパーツの設計・製造・販売を行う「T-DEMAND(ティーディメンド)」は、トヨタ新型「クラウン セダン」のローダウンモデルを公開しました。これについてユーザーから反響も集まっています。

超スタイリッシュ!ローダウンされた トヨタ新型「クラウンセダン」(Photo:T-DEMAND)
超スタイリッシュ!ローダウンされた トヨタ新型「クラウンセダン」(Photo:T-DEMAND)

 クラウンは、初代モデルが1955年に登場し、トヨタのなかでも長い歴史を持つ伝統的なモデルです。その後、67年にわたる年月を経て進化を遂げ、2022年7月には16代目となる新型クラウンシリーズが登場しました。

 16代目はクラウンシリーズとして新たに「クロスオーバー」「スポーツ」「セダン」「エステート」の4モデルのラインナップとなり、従来とは大きく異なる全く新しいスタイルとなりました。

 なかでも2023年11月に正式発表された新型クラウン セダンは、従来のセダンを継承した上質な走りや快適な乗り心地に加え、パーソナルにもビジネスにも対応したニューフォーマルセダンを実現しています。

 ボディサイズは、全長5030mm×全幅1890mm×全高1470mm、ホイールベースは3000mmと、これまでの歴代クラウンと比較すると、全長5m超えるかなり大柄です。

 パワートレインは、2.5リッターマルチステージハイブリッドシステムを採用する「HEV(ハイブリッド車)」と、第2世代FCシステムを採用した「FCEV(燃料電池車)」を設定。価格は消費税込みで、HEVが730万円、FCEVが830万円です。

 そんななか、福井県に本拠を置くティーディメンドが登場したばかりの新型クラウン セダンのローダウンモデルを製作しました。

 従来のセダンからさらに迫力が増したローダウンモデルは、フルアームやエアサスを組み込むことで実際にしっかりと走行が可能な状態だといいます。

 全長5mの大きさ以上のインパクトあるローダウンモデルの姿で公道を走れば、ひときわ目立つ存在になるといえるでしょう。

 これを見たユーザーからも「いいカスタムだね!」「目立ちそう」「カッコイイ!!」など、さまざまな反響が寄せられていました。

 ティーディメンドは、足回りカスタムパーツとして、フロントロアアームやタイロッドエンド、ダンパーストロークアームキット、ドライブシャフトスペーサーなどからなるPRO ARM FULL、ベースキットとなるPRO DAMPER AIRSUS 80S、ブレーキシステムSUPER SLIM6など、さまざまなパーツを扱っています。

 これらのパーツはすべて個別に販売されており、ユーザーの要望に合わせて“どこまで仕上げるか”を選択できるとのことです。

【画像】超カッコいい! ”超シャコタン”の新型「クラウン セダン」を画像で見る(50枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. カッコ良いは別だが、このデザインの車はヤンキーが乗らないとダメだね。ラグジュアリー気取りの高所得者が転がすには似合わな過ぎて草。昭和な改造でマフラーも竹やりにしてくれ。このクラウンのイメージは昭和の族車。ラグジュアリー感は無いな。

  2. 昭和を先取り!超絶オシャなシャコタン、オシャコタンクラウン爆誕!
    タイトルはこれでいい。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー