MT装備! 丸目レトロな「和製スーパーカー」登場! ミッドシップ&軽量でめちゃ楽しそうな「トミーカイラ ZZ」米で落札

アメリカのオークションサイト「Bring a Trailer」で、伝説的な和製スーパーカーである「トミーカイラ ZZ」が出品されました。最終的な落札価格は4万250ドル(約622万円)でしたが、どのようなモデルなのでしょうか。

和製スーパーカー「トミーカイラ ZZ」がオークションに登場!

 2024年4月17日、アメリカのカーオークションサイト「Bring a Trailer」で、1997年製の「トミーカイラ ZZ」が落札されました。

 日本で作られた、貴重な少数生産のスーパーカーの詳細について見てみましょう。

落札された和製スーパーカー「トミーカイラ ZZ」(Photo:Bring a Trailer)
落札された和製スーパーカー「トミーカイラ ZZ」(Photo:Bring a Trailer)

 トミーカイラは、かつて京都府京都市にあった自動車メーカー「トミタ夢工場」が手掛けた車両ブランド。1987年に「R31 スカイライン」をベースにした日本初の公認コンプリートカー「トミーカイラ M30」を皮切りに、さまざまな車両を送り出していました。

 今回オークションに登場した「トミーカイラ ZZ」は、そのトミタ夢工場が初めて自社開発したスポーツカーであり、1996年から2000年の間に製造されました。その生産数は全世界で220台といわれています。

 パワーユニットには、ミッドシップレイアウトで配置した日産の2リッター直列4気筒エンジン(SR20DE)と5速マニュアルトランスミッションを組み合わせています。駆動方式は後輪駆動です。

 トミーカイラ ZZのフォルムは非常にシンプル。丸く大きなヘッドライトと、そのライトに合わせて盛り上がったボンネットデザインが印象的です。さらに側面から後部パネルにかけて、大胆なエアインテークが配されます。

 車内も同様にシンプルなつくりで、黒のファブリックの固定式バケットシートや、MOMOステアリングホイール、露出したシフターリンケージを装備。アナログなメーター類や、ヒーターなどを操作する古めかしいコントロールパネルも相まって、戦闘機のコックピットをイメージさせます。

 ただし落札された個体の車体下部には腐食もあるようで、その点が指摘されています。これまでの走行距離は2万6800マイル(約4万3100キロ)と記載されています。

 最終的な落札価格は4万250ドル(約622万円)でした。

【画像】超カッコイイ! 丸目レトロな「和製スーパーカー」を画像で見る(31枚)(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー