まさかの「V16」搭載“セダン”あった!? 6速MT×400馬力超え「最高級モデル」がスゴい! ド迫力「エラ」装備の斬新セダンとは何者だったのか

クルマのエンジンといえばV型12気筒が最上位ですが、かつてV型16気筒を搭載したセダンがBMWにあったのです。どのようなモデルなのでしょうか。

“多気筒戦争”のなか登場したBMW「V16セダン」とは

 クルマのエンジンで最高峰といえばV型12気筒エンジンが思い浮かびます。
 
 しかし、1980年代にBMWはV型16気筒エンジンを積んだ高級車の発売を考えていました。それはどのようなエンジンで、どういったクルマだったのでしょうか。

BMWが開発したV16搭載セダン「767iL “Goldfisch”」
BMWが開発したV16搭載セダン「767iL “Goldfisch”」

 大排気量車・高級車の証でもあるマルチシリンダーエンジンには、直列6気筒・V型8気筒(V8)・V型12気筒(V12)などがあります。

 なかでもV12エンジンは、多くの市販車が採用した歴史があり、現在においても、依然として乗用車エンジンの最高峰に位置付けられています。

 ところが、その上にはさらに16気筒エンジンが存在します。

 古くは1930年代のキャディラック「シリーズ452A」、1980年代にはチゼータ「V16T」などがV型16気筒(V16)を載せていました。そしてブガッティ「シロン」などは、さらに特殊な設計のW型16気筒(W16)エンジンを搭載しており、こちらは現在も生産されています。

 しかし、サイズが巨大になってしまう16気筒を積むクルマは数える程しかなく、特殊なエンジンと言っても差し支えありません。

 かつての高級車は“マルチシリンダー・ウォーズ”(=多気筒戦争)、つまり「排気量や気筒数が大きいほうがより立派である」という風潮がありました。

 そのためドイツのBMWは、ライバル車を圧倒するクルマを作るべく、V16エンジンの開発をかつて行っていたことを2019年にフェイスブックで公表。ちょっとした話題を呼びました。

 BMW初のV16エンジンは、1986年に登場した2代目「7シリーズ」(E32型)に設定の5リッターV12エンジンに4気筒を追加して誕生。排気量は6.7リッターで、トランスミッションは6速マニュアルというのは意外です。

 最高出力は408psに達しましたが、現在では400psオーバーのクルマは珍しくないため、さほど驚かない数値かもしれません。

 しかし、ベースのV12エンジンが300psだったことを考えると、大幅な出力向上を果たしていました。

 そしてこのV16エンジンは、7シリーズのうちV12エンジンを搭載する最上位モデル「750iL」に積まれてテストされることになりました。

【画像】超カッコイイ! これが「V16搭載のセダン」です! 画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー