三菱「新型“SUV”ミニバン」公開! 4.5m級ボディにMT設定あり! 約350万円の「エクスパンダー “エリート”LE」尼に登場

三菱のインドネシア法人は2024年5月8日、クロスオーバーMPV「エクスパンダークロス」に新たな特別仕様車を設定したと発表しました。どのようなクルマなのでしょうか。

三菱の新型SUVミニバン「エクスパンダークロス」

 三菱自動車工業(以下、三菱)のインドネシア法人は2024年5月8日、現地生産のクロスオーバーミニバン「エクスパンダークロス」に新たな特別仕様車を設定し、800台限定で発売すると発表しました。

これはイイ!  三菱新型「エクスパンダークロス エリート リミテッド エディション」
これはイイ! 三菱新型「エクスパンダークロス エリート リミテッド エディション」

 エクスパンダークロスは、アセアン諸国で好評を博している3列シートミニバン「エクスパンダー」(2017年~)にSUVのテイストを盛り込んだクロスオーバーモデル。

 ミニバンならではの優れた実用性はそのままに、未塗装のフェンダープロテクター、シルバー塗装のバンパーロワガード&ドアクラッディングパネル、ルーフレールなどを追加装備しています。

 2019年にインドネシアで発売後、アセアン、中東、中南米、アフリカと販売市場を拡大しており、2022年度のグローバル販売台数はエクスパンダーと合わせて13万台以上。

「トライトン」「アウトランダー」に次ぐ3番目の売れ筋モデルとなっており、世界戦略車として三菱の成長を牽引しています。

 インドネシア仕様のボディサイズは全長4595mm×全幅1750mm×全高1750mm。乗車定員は前列から2人-3人-2人の7人乗り。最高出力105ps/最大トルク141Nmを発生する1.5リッターエンジンにCVTまたは5速MTを組み合わせています。

 最低地上高は本格オフローダー並みの225mmを確保。ただ、4WDモデルは未設定です。

 今回発表された特別仕様車「エリート リミテッド エディション」の見どころは、トレンド感のあるツートーンカラーにあります。

 既存カラーのパールホワイトまたはグリーンブロンズメタリックをベースに、フロントグリル、各ピラー、ルーフ、ドアミラーカバーなどをブラックで塗装することにより、車高が若干低く見え、スポーティな印象が強まっています。

 また、インテリアにプレミアムオーディオシステムを追加装備し、音響効果を高めているのも特徴です。

 価格はベース車(CVT)より1350万ルピア(約13万円)高の3億6115万ルピア(約350万円)です。

【画像】超カッコイイ! 三菱「新型SUVミニバン」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー