最強「V8エンジン」搭載! 新型「カクカク本格SUV」発表! 豪華内装の“3列シート”モデルも用意の「ディフェンダー」登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社は、「DEFENDER(ディフェンダー)」の新たな2025年モデルの受注開始を発表。エンジン出力アップやグレード体系の見直し、標準装備の充実など、2025年モデルにおける変更点を紹介します。

「130(ワンサーティー)」でV8エンジンが選択可能に

 5月9日、ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社は、「DEFENDER(ディフェンダー)」の新たな2025年モデルを全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーにて受注を開始することを発表しました。

2025年モデルで新たに設定されたランドローバー「ディフェンダー 130 V8」
2025年モデルで新たに設定されたランドローバー「ディフェンダー 130 V8」

 ディフェンダーは1948年に登場した四輪駆動車「ランドローバー シリーズ1」の系譜を受け継ぐモデルで、ランドローバーの中で最もタフネスなモデルとしてラインナップされています。

 2020年4月に現行型となる4世代目へフルモデルチェンジ、現在の姿となりました。

 今回発表された2025年モデルの変更点として、ラインアップが見直されたほか、各グレードの標準装備、オプションパック、パワートレインをさらに進化させています。

 パワートレインについては、3リッター直列6気筒ディーゼルターボエンジン(マイルドハイブリッド)の出力を50ps向上させ350psに強化。

 また3列8人乗りシートを備えたロングボディの「130(ワンサーティー)」では、これまでディーゼルエンジンのみの展開だったのに対し、新たにV8エンジンが選択できるようになったのも大きなポイントです。

 この他、全グレードでワイヤレスデバイスチャージングを標準化したほか、各グレードの装備を見直し、より快適性と利便性を高めるべく充実させたといいます。

 標準装備だけでなく、既存のオプションパックの内容も強化し、さらに新たなオプションパックとして、内装の質感を高める「ウィンザーレザーシグネチャーインテリアパック」と「Ultrafabrics(ウルトラファブリックス)シグネチャーインテリアパック」も導入。

 ユーザーの選択肢を増やし、より自分好みの1台に仕上げることが可能となりました。

 価格は、2リッターガソリンターボエンジン(300ps/400Nm)搭載車855万円から、3リッターディーゼルターボエンジン(350ps/700Nm)搭載車が905万円 から、5リッタースーパーチャージドガソリンエンジン(525ps/625Nm)搭載車が1524万円 から、5リッタースーパーチャージドガソリンエンジン(500ps/610Nm)搭載車が1675万円からです。

超カッコイイ! 最強「V8エンジン」搭載の新型「ディフェンダー」を画像で見る(28枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー