高速道路で見かける「謎のスペース」何のため? ちょっと「休憩」に使っても大丈夫? うっかり“違反”にならない「正しい使い方」とは

高速道路の路肩には、クルマが停車できそうな「謎のスペース」が所々に設けられていますが、ここにクルマを停車して休憩や用事を済ませても良いのでしょうか。

高速道路での「停車」は超危険!

 高速道路を走行していると、道路の脇にクルマが停車できる程度の「謎のスペース」が設けられているのを見かけることがあります。
 
 運転中に急に眠くなってきた時や、急ぎの電話がかかってきた時などに、このスペースを利用して停車しても良いのでしょうか。

「謎のスペース」で休憩しても大丈夫?
「謎のスペース」で休憩しても大丈夫?

 高速道路の路肩は一般道と比較して広く取られているものですが、さらに所々にはクルマが停車できそうなスペースも設けられています。

 このスペースは「非常駐車帯」と呼ばれるもので、NEXCO東日本によると、故障車・緊急車両・道路管理車両などが停車することを目的に、道路の路肩に設置されています。

 非常駐車帯は、土工部や橋梁部では約500m、トンネル内では約750mの間隔で整備されており、先述のようにクルマが停車できる広さが確保されていますが、一般道に設けられたパーキングスペースとは根本的に役割が異なるスペースのため、安易に停車してはいけません。

 そもそも高速道路上は、道路交通法第75条の8第1項により本線や路肩を含めて駐停車禁止となっており、非常駐車帯においてもその例外ではありません。

 例えば、急ぎの電話がかかって来た時や急に眠気に襲われた時であっても簡単に停車することはできず、次のSA/PAまで走行するか、最寄りのICから一般道に降りて停車可能な場所を探す必要があります。

 もし高速道路上で停車してしまうと、駐車違反として違反点数2点と普通車であれば1万2000円の反則金が科されます。

 一方で、事故や故障など重大なトラブルによってやむを得ず停車しなければならない場合には、他のクルマの通行を妨げないよう本線上を避けて、非常駐車帯や路肩の広くなっている場所で停車しましょう。

 ただし、非常駐車帯や路肩での停車であっても後続車から追突される危険性はあるため、早めにクルマから離れて、ガードレールの外側など安全な場所に避難することが大切です。

 実際に、非常駐車帯での停車中や非常駐車帯からの発進時に、後続車から追突される事故が発生しています。

 とくに夜間は昼間よりも周辺状況が見づらくなることから、停止車両のテールランプを走行中の車両と勘違いして、後続車が追突してしまうことも考えられるのです。

 もし非常駐車帯に停止せざるを得ない場合には、後続車に停止車両の存在を知らせるために必ずハザードランプを点灯し、クルマの後方には発炎筒や三角表示板を設置するべきでしょう。

 また、道路脇に設置された非常電話を利用するか、自分のスマートフォンなどから道路緊急ダイヤル「#9910」または110番に通報する必要もありますので、忘れないように覚えておきましょう。

※ ※ ※

 高速道路上はSA/PAや料金所ゲートなど限られた場所のほか、警察から停車の指示があった場合などを除いて、ほぼ全域で駐停車禁止です。

 一見停車可能に思える場所であっても、停車することで他のクルマの迷惑になるだけでなく、事故を誘発する危険な行為になってしまう恐れもあるため、安易な利用は絶対にやめましょう。

 クルマのメンテナンス不足によるトラブルにより不用意に高速道路上に停車する事態を避けるためにも、定期的な点検やメンテナンスを行い、さらにSA/PAでは水分補給やトイレなどこまめな休憩を取り、事前にナビの目的地設定を済ませるなど準備を整えてから出発することが大切です。

【画像】「えっ…!」 これが高速道路「オービス」の見分け方です(17枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. BMW F20 118d M-Sports に乗っています。タイヤは、純正の ブリジストンタイヤ のPFD S0001 を履いています。パンクが怖いので、高いですが、敢えてPFDを履いています。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー