トヨタ「ミニランクル」登場は? 小さな“FJ”復活か? カクカクデザイン採用!? 登場濃厚「ランドクルーザーFJ」とは

トヨタは2023年11月7日に「ランドクルーザー FJ」という名称を商標登録しています。果たしてこれが意味するモデルとは、どのようなものなのでしょうか。

300系、250系、70系に続く…第4のモデル「FJ」とは

 トヨタは、現在「ランドクルーザー」に300系・250系・70系というモデルをラインナップしています。
 
 一方で新たなランドクルーザーシリーズの登場も示唆されています。
 
 その中で「FJ」の名を冠するモデルも噂されています。

トヨタ新型「ランクルミニ」ほんとに登場する!? (画像はコンパクトクルーザー)
トヨタ新型「ランクルミニ」ほんとに登場する!? (画像はコンパクトクルーザー)

 2024年5月現在、日本をはじめ世界各地ではランドクルーザーシリーズの象徴となる300系、生活や実用での250系、そして普遍の70系が展開されています。

 また2023年8月に行われた250系の発表会では、3つのシルエットが公開されました。

 その3つのひとつは、小型電動モビリティとなる「ランドホッパー」で、ランドクルーザーが進めない道の先にも移動できるというものです。

 もうひとつは、ランドクルーザーシリーズを未来に繋げるモデルの提案として、電動化&モノコックボディを採用したスポーティな「ランドクルーザーSe」でした。

 そして小さなSUVのようなシルエットに関しては、2024年5月現在も詳細は明らかになっていません。

 なお2023年夏頃には「ランドホッパー」と同じ時期に「ランドスケープ」という商標登録がされていたため、小さなSUVかと予想されましたが、2024年4月に発売された「クラウンクロスオーバー」の特別仕様車にその名が付けられました。

 そしてもうひとつのヒントとなるのが、2023年11月7日にトヨタは「ランドクルーザー FJ」という名称を商標登録していることです。

 FJと言えば、20系から使われたガソリン車の型式記号。

 さらに北米では2006年、日本には2010年に登場した「FJクルーザー」も連想させます。

 FJクルーザーは、プラドのシャシを流用しており「ランドクルーザー FJ40型」のイメージを持つスタイルが最大の特徴です。

 フロントまわりには垂直に近いフロントガラス、白い屋根、少し背面まで回り込んだサイドクォーターガラスなどを配置。

 なお日本向けには、ハンドル位置を左から右に移動したほか、サイドアンダーミラーを装着し、灯火類も変更していました。

 パワートレインは、北米向けにFRモデルや6MTモデル(4WDのみ)を設定。

 日本向けには4リッターV型6気筒エンジンと5段ATを組み合せた4WDのみでした。

 またドアは内蔵式ピラーを備えた観音開きで、リアドアはフロントドアを開けなければ開かない特殊な構造でした。

【画像】「えっ…!」 これが新「ランクルミニ」です。 画像を見る(56枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2 3

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー