ホンダが「EV供給体制」を強化! 北米での将来的なEV需要の増加に向けた動きとは

ホンダは、北米での将来的なEV需要の増加に向けたEV供給体制の強化を図るため、EVの包括的バリューチェーンをカナダに構築することを目指し、本格的な検討を開始しました。

北米での将来的なEV需要の増加に向け、EV供給体制を強化

 2024年4月25日にホンダは、北米での将来的なEV(電気自動車)需要の増加に向けたEV供給体制の強化を図るため、EVの包括的バリューチェーンをカナダに構築することを目指し、本格的な検討を開始したと、発表しました。

ホンダが米国で進めるEV戦略に新たな動き! (画像は今後登場する0シリーズ・サルーン)
ホンダが米国で進めるEV戦略に新たな動き! (画像は今後登場する0シリーズ・サルーン)

 ホンダは、2050年に同社の製品と企業活動を通じて、カーボンニュートラル実現を目指しています。

 2040年にEV・FCEV の販売比率を100%とする目標を掲げ、最大市場である北米においても、電動化の時代に引き続き魅力的なモデルをユーザーに届けていくとしています。

 この目標実現に向けた取り組みの第1弾として、米国オハイオ州の工場をEV生産のハブ拠点と位置づけ、生産設備の改修や、LGエナジーソリューションとの合弁によるバッテリー工場の建設など、北米におけるEV生産体制の基盤づくりを進めています。

 この取り組みの第2弾となるカナダでは、オハイオ州の拠点で培うEV生産のノウハウをベースに、カナダの豊富な資源やクリーンエネルギーを活用し、バッテリーを中心とした原材料の調達から完成車生産までの包括的なバリューチェーンの構築を目指していきます。

 これによって、EVの基幹部品であるバッテリーの安定的な供給体制を確立するとともに、EV全体のコスト競争力を高めていくと言います。

 さらに、二次利用やリサイクルまで視野に入れ、バッテリーのライフサイクルを通じた価値創出を低炭素で実現することで、高い収益性を持つ事業基盤の確立とカーボンニュートラル社会実現への貢献を目指していくとしています。

LGエナジーソリューションとホンダよるEV用バッテリー生産合弁会社、新工場建設に着工
LGエナジーソリューションとホンダよるEV用バッテリー生産合弁会社、新工場建設に着工

 今回の検討内容には、EV専用の完成車工場(以下、EV工場)・EV用バッテリー工場(以下、バッテリー工場)の建設に加え、パートナー企業との合弁会社設立による、セパレーターや正極材といったバッテリーの主要部材のカナダ国内での生産体制の確立を含みます。

 建設を検討中のEV工場は、環境負荷を最小化するとともに、革新的な生産技術を導入予定。

 年間最大生産能力は24万台規模を想定し、稼働開始は2028年を目指しています。

 また、バッテリー工場の年間最大生産能力は36GWh規模を想定。

 カナダで四輪完成車を生産するHonda of Canada Manufacturingの従業員数は現在4200人となりますが、既存工場に隣接して建設される両工場の稼働により、新たに約1000人を雇用していくと言います。

 また、バッテリーの主要部材については、正極材はPOSCO Future M Co., Ltd.と。セパレーターは旭化成とそれぞれカナダにおいて合弁による生産工場の立ち上げを検討していくことも明かしました。

 今回検討するEVの包括的バリューチェーン構築に関わる総投資額は、合弁パートナー企業からの出資額もあわせて、現時点で約150億カナダドルを想定しています。

 カナダ連邦政府の「インベストメント・タックスクレジット」制度による補助金に加え、オンタリオ州からも補助金を受ける予定であり、カナダ連邦政府やオンタリオ州と協議を進めていくとしています。

 投資内容については、今後約半年間かけて精査を進め、詳細は今秋の最終決定後に改めて発表する予定です。

※ ※ ※

 今回の取り組みについて、ホンダの三部敏宏社長は次のようにコメントしています。

「ホンダは2050年カーボンニュートラルの実現に向けた取り組みをグローバルで進めています。

 北米においては、米国でのEV生産体制の構築に続き、今回ここカナダで、カナダ連邦政府やオンタリオ州政府の支援もいただきながら、包括的なEVのバリューチェーン構築の検討を開始しました。

 北米での将来的なEV需要の増加に向け、EVの供給体制を強化していきます」

 またホンダカナダのプレジデント・Jean Marc Leclerc氏は次のようにコメントしています。

「Honda of Canada Manufacturingは、世界的にも優れた四輪車生産工場のひとつとして、40年近くにわたり、進化へのあくなき挑戦を続けてきました。

 今回の投資は、カナダの自動車産業において歴史的な取り組みです。

 これは、Honda of Canada Manufacturingの卓越した生産技術や、優れたスキルを持つ従業員への高い評価であるとともに、カナダにおけるEV生産のエコシステムが、長期的に見てホンダにとって非常に魅力的であることを示しています」

【画像】カッコいい! ホンダ2ドアクーペ! 市販化期待のスポーツモデルを画像で見る!(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー