トヨタ新型「SUV」公開! めちゃスポーティな“FR”マシン! 迫力エアロ×3列7人乗りの「リーダー エディション」印で登場

トヨタのインド法人は2024年4月22日、ミドルサイズSUV「フォーチュナー」のディーゼル車に特別仕様車「リーダー エディション」を発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

トヨタ新型”SUV”「フォーチュナー リーダー エディション」公開

 トヨタのインド法人は2024年4月22日、ミドルサイズSUV「フォーチュナー」のディーゼル車に特別仕様車「リーダー エディション」を設定し、予約を開始すると発表しました。

めちゃ速そう! トヨタ新型「フォーチュナー リーダー エディション」
めちゃ速そう! トヨタ新型「フォーチュナー リーダー エディション」

 フォーチュナーは、トヨタが海外で展開する3列シート7人乗りSUV。基本コンポーネントをピックアップトラックの「ハイラックス」と共有しており、頑丈で耐久性に優れたラダーフレーム構造と、4WDシステムにパートタイム式を採用しているのが特徴です。

 初代は2004年にデビュー。インドでの販売は2009年からで、2016年に2代目となり、現在に至っています。同社の説明では国内25万台以上を販売したといいます。

 ボディサイズは全長4795mmx全幅1855mmx全高1835mm、ホイールベース2745mm。パワーユニットは2.8リッターディーゼル(最高出力204PS/最大トルク500Nm)または2.7リッターガソリン(最高出力166PS/最大トルク245Nm)の2種類があり、駆動方式はRWD(後輪駆動)を基本に、ディーゼル車のみ4WDモデルもそろえています。

 今回ディーゼル車のRWDに新設定されたリーダー エディションの主な特別装備は、フロントバンパースポイラー、リアバンパースポイラー、ブラックアルミホイール、タイヤ空気圧監視システム。

 加えてピラーとルーフをブラックにしたツートーン3色を特別に設定しているのが特徴です。車両の下端部にスポイラーを装着するとともに車両の上半分をブラックにしたことで車高が低く見えるようになり、スポーティな印象が強まっています。

 価格は未定で、地域によっても異なりますが、ベース車の価格と装備内容を踏まえると400万ルピー(約740万円)以上になる見込みです。

【画像】超カッコイイ! トヨタ新型「SUV」を画像で見る(18枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー