トヨタ新型「“SUV”ミニバン」発表! タフ顔&高級内装がカッコイイ! アンダー400万円の“充実装備”が嬉しい「GX O」印に登場

トヨタのインド法人は2024年4月15日、3列シートMPV「イノーバ ハイクロス」のガソリン車に装備をより充実した新グレードを追加したと発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

トヨタ新型「SUVミニバン」誕生

 トヨタのインド法人は2024年4月15日、3列シートMPV(マルチ・パーパス・ビークル)「イノーバ ハイクロス」のガソリン車に装備をより充実した新グレードを追加したと発表しました。

これちょうどイイじゃん! 新型SUVミニバン「イノーバ ハイクロス」
これちょうどイイじゃん! 新型SUVミニバン「イノーバ ハイクロス」

 イノーバは、2004年にトヨタが始めた新興国向け世界戦略車「IMV(Innovative International Multipurpose Vehicle)」プロジェクトの一環として開発されたMPV。

 車名は国によってまちまちですが、インドでは2005年に初代がデビュー。2013年に2代目、2020年に3代目となり、現在に至っています。

 そのイノーバとは別に、新たなシリーズとして2022年に発売となったのがイノーバ ハイクロスです。ミニバンとSUVを融合したクロスオーバーモデルで、新世代技術基盤のTNGAをベースに開発されました。

 ボディサイズは全長4775mm×全幅1845mm×全高1785mm、ホイールベース2850mm。乗車定員は3列シート7人乗りまたは8人乗り。

 パワートレインは2リッターハイブリッド(システム最高出力186PS)または2リッターガソリン(最高出力174PS)の2タイプが設定されています。

 ハイブリッド車の上級グレードはクラス初のロングスライド付き電動オットマンシートや開放感を演出するガラスルーフなどが標準装備となっており、高級ミニバンさながらの快適な設えとなっています。

 今回、ガソリン車に新設定されたグレード「GX(O)」は、従来からある「GX」をベースに、要望の多かった機能や装備を標準化したのが特徴です。

 具体的にはフォグライト、10.1インチインフォテインメントシステム、オートエアコン、リア格納式サンシェード、フロント&リバースパーキングセンサー、パノラミックビューモニターなどが備わります。

 そのほか、随所にピアノブラックやシルバーメッキを施し、上質感を演出しています。価格は209万9000ルピー(約385万円)からとなっています。

【画像】超カッコイイ! トヨタ新型「SUVミニバン」を画像で見る(32枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. おまえはインドのニュースばっかりだな。インドでやれ。

  2. あいかわらず、カッコだけのクルマをでっちあげるのに素早いこと!
    どういうカーライフスタイルを提案したいのでしょうか?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー