三菱「新型パジェロ」!? 登場“2026年”か!? 復活待望の「本格SUV」はタフ顔&高級感アゲアゲに? 大胆デザインの予想CG登場

三菱の看板モデルだった「パジェロ」の国内復活が一部メディアで報じられ、話題にのぼるなか、Theo throttle氏が、新世代パジェロの予想CGを作成しました。どのような仕上がりなのでしょうか。

三菱新型「パジェロCG」のベース車は?

 三菱の看板モデルだった「パジェロ」の国内復活が一部メディアで報じられ、話題にのぼるなか、オートモーティブ・バーチャル・チューナーのTheo throttle氏が、新世代パジェロの予想CGを作成、公開しました。

結構デカイ! 三菱”次期型”「パジェロ」予想CG(Photo:Theo throttle)
結構デカイ! 三菱”次期型”「パジェロ」予想CG(Photo:Theo throttle)

 パジェロは1982年にデビュー。世界一過酷なモータースポーツとして知られる「ダカールラリー」を制覇したことで、その名を世界に轟かせました。

 国内では1990年代のRVブームをけん引し、月間販売台数で1位を獲得するなど、名実ともに三菱の看板モデルとなりました。

 ところが環境の変化や台所事情に伴う構造改革の中で2019年に国内販売が終了、2021年には生産工場が閉鎖。惜しまれつつも、4代39年におよぶ歴史に幕を下ろしました。

 そんなパジェロの復活を巡る噂で、ベース車と有力視されているのは、タイで生産されているピックアップトラック「トライトン」。

 しかし、今回Theo throttle氏がCG作成にあたって選んだのはインフィニティの新型「QX80」です。

 QX80は、日産が海外で展開している高級車ブランドのフルサイズSUVで、全長5360mm×全幅2120mm×全高1980mm、ホイールベース3070mm。そのアメリカンな骨格に合わせて、三菱のミドルSUV「アウトランダー」のデザインを調整して落とし込んでいます。

 かつてパジェロが伝統的に採用していた3ウェイ2トーンや背面タイヤは描かれていませんが、三菱らしさやSUVならではの力強さを感じられる仕上がりです。

 パジェロ復活を望む声は多く、実現すれば三菱にとってもブランドイメージの強化に繋がるでしょう。

 予想される発売時期は2026年から2027年が濃厚。SUVの勢力図が変わる可能性もあります。三菱の動向から目離せません。

三菱・パジェロのカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! 三菱「新型パジェロCG」を画像で見る(57枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー