マツダ新型「最上級3列SUV」世界初公開! 新型「CX-80」24年秋に欧州で発売! 日本導入も予定!

マツダの新型SUV「CX-80」が欧州で世界初公開されました。日本にも導入される予定ですが、どのような特徴があるのでしょうか。

全長約5mで余裕の室内空間を確保する新型「CX-80」

 マツダの欧州法人(マツダ・モーター・ヨーロッパ)は4月18日(現地時間)、新型クロスオーバーSUV「CX-80(マツダ シーエックス エイティ)」を世界初公開しました。
 
 同車は欧州で2024年5月に予約受注を開始し、同年秋の発売を予定しています。

全長約5mの新型「CX-80」お披露目
全長約5mの新型「CX-80」お披露目

 新型CX-80は、ひと中心の開発思想による走る歓びと環境・安全性能を両立させた、ラージ商品群の第4弾となるミッドサイズクロスオーバーSUVです。

 マツダが欧州に初めて導入する3列シートSUVであり、欧州市場における最新かつ最上級モデルに位置付けられます。そして、2つのハイブリッドシステムを採用し、同市場における商品ラインナップの拡充およびブランド強化を図ります。

 新型CX-80の開発で目指したものは「優雅で心豊かなドライビングSUV(Graceful Driving SUV)」です。

 全長約5m、ホイールベース3mを超える新型CX-80は、すでに発売済みのCX-60よりも長く、高く、ホイールベースが大幅に延長されました。

 マツダの最上級にふさわしい美しくて堂々とした存在感や、「人馬一体」を磨き上げた圧倒的な走行性能、現在のクルマに求められる環境・安全性能、乗員全員が快適に楽しめる実用性を実現。

 新型CX-80を通してユーザーとその家族の生活に、心豊かになる時間や場面を届けたいという想いが込められているといいます。

 デザインコンセプトは「Graceful Toughness」。SUVとしての力強さとともに、優雅な存在感の表現に注力し、空間の豊かさと優美さを両立したキャビンの造り込みによって、車格に見合ったゆとりを感じさせるデザインとしています。

 新型CX-80の2列目は、座席間にコンソールがあるセパレートのキャプテンシートを筆頭に、コンソールが無くウォークスルーが可能なキャプテンシート仕様、3人掛けのベンチシート仕様の3種を設定しました。

 また、荷室は3列目シート使用時でもゴルフバッグやベビーカーが搭載できる空間を確保するとともに、2列目・3列目シートを折りたたむことでさらに大きな空間を提供。家族旅行や仲間とのアクティビティに必要な荷物を搭載できます。

 欧州市場で販売するマツダ車の中で最も広い室内空間を持つ新型CX-80は、後席の乗員も含めた全ての乗員に安心・快適な乗り心地を実現しました。

 日常使用での快適さや扱いやすさを大切にしながら、高速道路やワインディング、アウトドアなどさまざまなシーンにおいて「人馬一体の走る歓び」を感じることができるといいます。

 安全性能では、「クルージング&トラフィック・サポート(CTS)緊急停止支援機能付」を欧州向けに初採用。

 CTS使用中に、手放し運転やドライバーの閉眼や脇見を検出した場合には、ドライバーへの注意喚起を段階的に行い、体調急変や漫然運転などのドライバーの状態に由来する事故リスクの低減を図ります。

 なお、注意喚起をしてもドライバーの状態に変化がない場合は、被害軽減のため、車両の減速・停止を支援します。

※ ※ ※

 新型CX-80は国内でも投入されることになっており、従来の「CX-8」に代わる3列シートSUVとして発売される予定です。

 日本仕様の新型CX-80についても近い将来に発表されるものと思われます。

【画像】「えっ…!」カッコいい! これが新型「CX-80」です! 画像を見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー