大きすぎるクルマはコインパーキングにとめられない!? 車高の「高い・低い」も制限あり! 駐車NGの条件ってどんなもの?

サイドスカートやドアの接触に注意!

 実は、ロックプレート式のコインパーキングではさまざまなトラブルが発生しており、サイドスカートなどボディ下部に接触して傷つけてしまうことがあります。

 ロックプレート式のコインパーキングに駐車するときは、プレートとの接触をいかに避けるか、またいかに枠内に車体を収めるかがポイントになりそうです。

 ロックプレートによる傷はクルマの下回りに生じることが多く、そのあたりは修理が難しい場所だといえます。

 後付けのエアロはまだしも、純正のスカッフプレートなどは工具が入らないこともあるので、ローダウンしているクルマはとくに注意して駐車しましょう。

機械式立体駐車場
機械式立体駐車場

 また、多くのコインパーキングは隣のクルマと密接した状態で駐車することになります。ドアを開けた時に隣のクルマにぶつけないように慎重に行動したほうが良さそうです。

 そして、もっとも注意したいのが機械式立体駐車場です。

 現在のクルマは以前よりも全幅が拡大されて、3ナンバーサイズの車種が増えました。装着される純正タイヤも太くなり、パレットに設置されている溝にギリギリ収まるかということも多々あり、まっすぐ進入しなければホイールを傷つけてしまう恐れもあります。

 外出先ではコインパーキングを自由に選べないという事情もありますが、機械式立体駐車場がギリギリのサイズであれば、クルマを傷つけないためにも、少し遠くのロックレス式か平置きの駐車場を探したほうが安心かもしれません。

※ ※ ※

 駐車時のトラブルを減らす目的で増えているのが「ロックレス式」と呼ばれるタイプです。駐車スペースごとに認識用カメラが内蔵されたポールが設置され、さらに埋没された車両センサーが入庫を確認すると課金されるシステムになっています。

 コインパーキング大手が行った調査によると、このロックレス式のほうがロックプレート式よりも不正利用が少ないとのこと。

 これは、そもそもコインパーキングを利用する時点で支払いする意思を持った良識あるドライバーが利用していることが多いのが理由だといいます。

 クルマが傷つく心配が少ないロックレス式のほうが利用者への精神的負荷が少ないため、常識あるドライバーが積極的に利用したくなるということなのかもしれません。

【画像】「えっ…!」無断駐車でモヒカンに!? これが「スゴい駐車場」です! 画像を見る(20枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 最低地上高15cm以上は完全に無理筋。
    ちょっと調べただけでも現行軽自動車はほとんどアウト。カローラやプリウスですらクリアできません。
    SUVであるCH-Rだって4WDはクリアできるけどハイブリッド2WDは140mmなのでアウト。
    駐められる車無いじゃん。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー