大きすぎるクルマはコインパーキングにとめられない!? 車高の「高い・低い」も制限あり! 駐車NGの条件ってどんなもの?

クルマで外出したときに、駐車するために「コインパーキング」を利用します。しかし、必ずしも全部のクルマが駐車できるわけではないようです。

コインパーキングのサイズ規定ってどうなってる?

 クルマで出かけた時、目的地の近くで「コインパーキング」にクルマを駐車することがあるでしょう。
 
 しかしパーキングの設備やサイズによっては、駐車できないクルマもあるようです。どのようなクルマが「コインパーキングでNG」なのでしょうか。

コインパーキングNGのクルマとは?
コインパーキングNGのクルマとは?

 コインパーキングには大きく分けて「ロック式」と「ゲート式」があります。

 ロック式は駐車スペースに設けられた「ロックプレート」が前輪と後輪の中央にせり上がる「タイヤロック」タイプと、駐車スペース前方にプレートが配置される「車体ロック」タイプがあります。また、最近ではロックプレートのない駐車場が増えているようです。

 ゲート式はいわゆるチケット(駐車券)スタイルを採用し、駐車場入り口に設けられた発券機からチケットを入手するとゲートが開いて駐車枠にとめる方式です。

 また、コインパーキングでは、舗装された路面のみの「平置き」もあれば、駅前やホテルの地下駐車場などにある「機械式立体駐車場」もあります。特に後者は、車体を乗せるパレットのサイズや両輪を納めるタイヤ溝が設置されており、サイズの制約が厳格に定められています。

 全国でパーキングサービスを展開する「タイムズ」の規定では、平置きは全長3.3m~5.0m以下、全幅1.4m~1.9m、全高1.2m~2.1m、最低地上高15cm以上、車両総重量2.5t以下と定められています。

 つまりこれを超えるサイズのクルマは、基本的に利用NGとなってしまうのです。

 たとえばトヨタ「ハイエース」のハイルーフは全高が2240mmのためNG、またトヨタ「ランドクルーザー」も全幅が1980mmもあって規定オーバーです。

 レクサス「LS」は全幅こそ1900mmですが全長が5235mmもあるため、こちらも利用することができません。

 全長・全幅のほかに厄介なのが、最低地上高の規定です。ローダウンやエアロパーツ装着などのカスタム車両は、車検は最低地上高が9cmあれば合格できますが、コインパーキングでは15cmが必要。最低地上高の規定に適合できず駐車NGとなることがあるので注意が必要です。

 逆にSUVでは最低地上高が高いモデルはノーマルでもセンサーに反応しないこともあるとのこと。

 ただし、ロックプレート式が使えなかったとしても、入り口に設置されたカメラなどでナンバーを控えられており、反応しないからと無銭駐車しているとあとから管理会社から問い合わせや料金請求がくるとも言われています。

 駐車料金を払わずに立ち去ることがないよう、ルールは守りましょう。

【画像】「えっ…!」無断駐車でモヒカンに!? これが「スゴい駐車場」です! 画像を見る(20枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 最低地上高15cm以上は完全に無理筋。
    ちょっと調べただけでも現行軽自動車はほとんどアウト。カローラやプリウスですらクリアできません。
    SUVであるCH-Rだって4WDはクリアできるけどハイブリッド2WDは140mmなのでアウト。
    駐められる車無いじゃん。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー