NEXCOもドヤ顔!? 半信半疑の「渋滞8km 120分」”道路情報”実は今や「まず間違いない」数字だった! 高精度の「所要時間」進化の理由とは

高速道路上の情報表示版では、区間ごとの所要時間が表示されていることも多いです。この所要時間、最近はその精度が大幅に向上し、かなり信頼できる数字になっているようです。なぜなのでしょうか。

渋滞情報の数字 かなり信頼できるようになった!?

 高速道路上の情報表示版では、「東町~西町 渋滞60分」といったように、所要時間が表示されていることも多いです。
 
 この所要時間、最近はその精度が大幅に向上し、かなり信頼できる数字になっているようです。なぜなのでしょうか。

渋滞の存在を知らせてくれるのが道路標示板
渋滞の存在を知らせてくれるのが道路標示板

 通過時間はもともと、道路管理者が自前で計測装置を設置し、渋滞の有無などとともに算出していました。

 たとえばNEXCO中日本の場合、従来の方法は「地面に車両感知器を埋め込み、上を通り抜けるクルマを感知する」というものでした。検出した通過速度から、そこが渋滞しているかどうかを把握し、その状況から所要時間を割り出すという、かなり大雑把といえるやり方です。

 車両感知器の間隔は2kmごとでした。もっとも、長距離移動のルート判断やスケジュール把握には、それくらいのアバウトさでも何とかなったのかもしれません。

 しかし、同社は2020年に新たな計測システムを導入。それはETCの新世代「ETC2.0」を活用したものです。

 ETC2.0は従来のETCと比べ、料金所での出入り情報だけでない、幅広い相互通信を可能にしています。2011年に全国の高速道路の約1600か所で、ETC2.0を通じて個別のクルマと通信をおこなう「ITSスポット」が設置されました。これにより、それぞれのクルマで「いつ、どこで、どれくらいの速度で走っているか」という情報(ETC2.0プローブデータ)が刻一刻と照会できるようになりました。

 これを活用したのが、新たな渋滞情報のシステムです。2020年には「4台に1台がETC2.0搭載車」というまでに普及したため、いよいよ情報を活用できる段階になったというわけです。

 ITSスポットは今や「200m間隔」となっています。きめ細かな情報で計算できるほか、従来モデルとくらべて「現実の通過時間の実績」が使えるため、現在の情報板の数字は、精度が高いといいます。もちろん、誰か1台の情報を見ているわけではなく、膨大なクルマの全情報を分析して平均データとしているので、より精度が高くなっています。

 2020年のお盆に行われた効果検証の結果によると、ETC2.0プローブデータにより算出した所要時間と実際の所要時間の一致率は「95%」だったそうです。これは渋滞時も非渋滞時も同程度でした。

 今までの「車両感知器」だと、渋滞時は感知器の上のクルマの挙動が「停止」「ノロノロ」「普通の速度」などバラバラになりがちで、全体状況の把握には不向きでした。しかしETC2.0は「実際の移動実績」に基づくため、精度が落ちようがないということです。

 NECO中日本 名古屋支社は4月9日に、公式SNSで「200m間隔」の新システムを紹介。投稿には300近い「いいね」がついています。同支社は「(事故渋滞 8km 120分という)写真のような渋滞情報を見たら要注意!! 迂回をご検討ください」と呼びかけています。

【画像】えっ…!? これが首都高の「超レア」危険情報です(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー