ホンダ「新型カクカクSUV」発売! どんな人が買う? 全長4.3mでも「後席めちゃ広ッ!」って本当? ヴェゼルより小さいクルマとは

ホンダのエントリーSUVとなる新型「WR-V」ですが、2024年3月22日に発売されました。販売店にはどのような声が届いているのでしょうか。

新型WR-V…「後席の広さに驚きました」

 ホンダが2024年3月22日に発売された新型「WR-V」。
 
 販売店にはどのような声が届いているのでしょうか。

ホンダのカクカクSUVとなる新型「WR-V」
ホンダのカクカクSUVとなる新型「WR-V」

 新型WR-Vが登場したことで2024年4月現在のホンダSUVは「ヴェゼル」「ZR-V」と3モデルをラインナップ。

 また2024年夏には「CR-V e:FCEV」が加わる予定です。

 その中で新型WR-VはホンダのエントリーSUVとなり、ボディサイズは全長4325mm×全幅1790mm×全高1650mm、ホイールベース2650mm、最低地上高195mm、最小回転半径5.2mとなり、街中でも扱いやすい大きさとなります。

 またその見た目は、スクエアなカクカクボディとなり、水平に伸びたフロントフードやグリルにより、塊感あるデザインとなっています。

 パッケージでも、高いアイポイントによる見晴らしのよい視界に加えて、運転席の前方見下げ角を大きくすることで、車両前方の距離感を掴みやすくするなど、運転のしやすさを追求しました。

 さらに昨今のSUVではコンパクトなサイズですが、後席に乗り込むとその広さに驚きます。

 運転席に170cmの成人男性が乗った場合、ひとつ、ふたつ上のセグメントSUVと比べても余裕のある膝周りスペースを確保。

 この部分についてホンダは、「ドアライニングの下部や前席シートバックの形状を工夫することで、乗り降りがしやすく、ゆとりのある足元空間を実現しました」と説明しています。

 また昨今はなんらかの電動パワートレインが設定されることが多い中、新型WR-Vでは1.5リッターガソリンエンジンにCVTを組み合わせた仕様のみを展開。

 しかしながら、必要十分で街乗りの低速域ではWR-V向けに最適化されたCVT制御により、キビキビと走ってくれます。

 このような特徴をもつ新型WR-Vの価格は、X(209万8800円)、Z(234万9600円)、Z+(248万9300円)です。

 では、ユーザーにはどのような声が届いているのでしょうか。首都圏のホンダ販売店は次のように話しています。

「WR-Vは去年末の発表から大きな反響を頂いております。

 コスパが良いSUVとして、ファミリー層から若年層など幅広いお客様からお問合せを頂いています。

 実際に試乗された人からは『見切りが良くて乗りやすい』『後席が思った以上に広い』『1人なら車中泊も出来そう』という声がありました」

 また関西圏のホンダ販売店は次のように話しています。

「試乗をされると多くの人が『思った以上に良い感じに走るね』とおっしゃいます。

 また奥様などからは『後席が広くて長距離も楽そう』という声もあります。

 その他、『カクカクなデザインが好き』という声もあり、見た目も中身も好評です」

※ ※ ※

 満を持して登場した新型WR-Vですが、多くのユーザーの反応は上々なようです。

【画像】「えっ…!」カクカクSUV「車中泊仕様」 画像を見る!(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー