マツダ「4ドアロータリースポーツカー」公開へ 斬新ドア×4シーターの「コンパクトスポーツ」 激レアモデル“修復中”の姿を披露

マツダは公式Xで「RX-EVOLV」の修復作業を公開しました。

激レアすぎる「ロータリースポーツカー」が修理中

 マツダは2024年4月3日、コンセプトカー「RX-EVOLV(RXエボルブ)」を修復する様子を公式X(旧Twitter)で公開しました。
 
 RXエボルブは、2024年4月12日から開催される「AUTOMOBILE COUNCIL 2024(オートモビルカウンシル2024)」で展示される予定です。

キレイに修復中の「RXエボルブ」(画像:マツダ株式会社公式X(@Mazda_PR))
キレイに修復中の「RXエボルブ」(画像:マツダ株式会社公式X(@Mazda_PR))

 RXエボルブは1999年10月に開催された第33回「東京モーターショー1999」で初公開された4ドアスポーツカーのコンセプトモデルです。

 マツダは公開当時、「スポーツカーらしいスタイリッシュな外観に卓越した動力性能、および高いハンドリング性能を実現しつつ、4枚のドアと4座のシートを搭載し実用性能も兼ね備えた、未来のスポーツカーを提案するモデル」と説明しています。

 エクステリアは、「サバンナ(輸出名RX-3)」や「RX-7」など、マツダを代表するスポーツモデルであるRXシリーズのデザインを昇華させ、ひと目でマツダ車だとわかるスタイリングを実現。

 その一方で、後席のアクセスも考えたセンターピラーレス構造の「フリースタイル式ドア」を採用するなど、新時代のスポーツカーらしい利便性も確保されました。

 ボディサイズは、全長4285mm×全幅1760mm×全高1350mmで、ホイールベースは2720mmです。

 パワートレインは当時現行モデルだったRX-7(FD3S型)に搭載されている2ローター「13B」型を発展させた「RENESIS」を搭載。最高出力280馬力・最大トルク23.0kg-mを発揮します。

 これをボディ中央寄りのセンターミッドシップに搭載することで、優れた重量バランスを実現し、高いハンドリング性能を実現しました。

 RXエボルブは公開後、2003年に4ドアロータリースポーツカー「RX-8」として市販化が実現し、2012年の生産終了まで販売が続けられました。

 今回マツダはオートモビルカウンシル2024でRXエボルブを展示する予定で、これに合わせて車体の修繕作業を実施しました。

 主にウインドウガラスの修復が行われ、特徴的なフリースタイルドアを開放し、ドアの内張りを外して作業する様子や、手作業によって調整される写真が公開されています。

※ ※ ※

 マツダはオートモビルカウンシル2024で、RXエボルブのほかに、1970年の東京モーターショーで公開したミッドシップ・ロータリースポーツ「RX500」や、2023年のジャパンモビリティショーで初公開した「MAZDA ICONIC SP(アイコニックSP)」を展示します。

 オートモビルカウンシル2024の会期は2023年4月12日から14日まで、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催されます。

【画像】超カッコいい! これがマツダ「RX-EVOLV」です(90枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 過去のコンセプトカー「蕪」に似てる・・・・・?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー