スズキ「“超ワイド”ワゴンR」登場!? 精悍「レクサス風顔」&「ワイン色」がカッコイイ! ド迫力すぎる軽ワゴン実車公開

2024年3月9日から10日にかけて行われた「名古屋オートフェスティバル2024」に、個性強めなスズキ「ワゴンR」のカスタムカーを展示され、来場者の目をひいていました。

ド迫力なヤンチャボディがカッコいい!

 2024年3月9日から10日にかけてポートメッセなごや(愛知県名古屋市)で開催されたカスタムカーイベント「名古屋オートフェスティバル2024」で、赤を基調にした精悍なカラーリングとド迫力ボディが印象的なスズキ「ワゴンR」が展示され、注目を集めていました。

ド迫力フェンダーがカッコイイ! ヤンチャな「“超ワイド”ワゴンR」
ド迫力フェンダーがカッコイイ! ヤンチャな「“超ワイド”ワゴンR」

 ワゴンRは1993年に誕生した軽自動車。現在、市場で高い人気を得ている軽ハイトワゴンの先駆けともいえるクルマです。現行モデルは2017年に発売した6代目です。

 今回注目のワゴンRは、2012年から2017年にかけて生産されていた5代目(先代)モデルがベースです。

 まず目をひくのはその顔つきでしょう。

 フロントグリルは真ん中辺りでキュッと締まっている、いわゆるレクサス「スピンドルグリル」風デザイン。

 さらに、ボンネットにはレーシングカーを思わせる特製のエアインテークを装着するほか、赤を基調にしたデザイン性の高い塗装も素晴らしい仕上がりでした。

 ヘッドライト内も変更され、精悍さを増しています。

 そしてボディサイドに厚みを増した極太のオーバーフェンダーを備え、ローダウン&ワイドタイヤとの組み合わせにより、独自の凄みを放っていました。

 また後方には、上向きになった2つのエキゾーストを備えるなど、全体にヤンチャな仕上がりとなっています。

※ ※ ※

 オーナーに話を聞いたところ「特徴的なのはやはり塗装とヘッドライトだと思います」とコメントをしていただきました。

 会場でも、凝ったスポーティなレッドの塗装は多くの反応を集めていました。

 また「改造フェンダーをいかに純正のように感じさせるか」というのもキーワードだったそうです。

【画像】めちゃカッコいい! スズキ“超ワイド”な「ワゴンR」を画像で見る(28枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー