“レクサス風”「アルファード」実車展示! 「完成まで5年」の内外装“鮮烈ブルー”仕様! センターマフラーもカッコイイ「ド迫力ミニバン」来名

2024年3月9日から10日にかけて行われた「名古屋オートフェスティバル2024」で、“レクサス風”のフロントグリルと青のカラーが印象的なトヨタ「アルファード」が展示されていました。

レクサス風のグリルと青のカラーリングをまとった「アルファード」が展示!

 2024年3月9日から10日にかけてポートメッセなごや(愛知県名古屋市)で開催された「名古屋オートフェスティバル2024」。本イベントでは、鮮やかな青で塗装した「アルファード」が展示されていました。

 そのフロントフェイスには、まるで“レクサス”のようなフロントグリルを備えています。その詳細を見てみましょう。

顔が凄い! 「アルファード」のカスタムカー
顔が凄い! 「アルファード」のカスタムカー

 アルファードは、2002年にトヨタが販売を開始した高級ミニバン。従来の高級ミニバンといえばFR(後輪駆動)レイアウトが主流だった所、FF(前輪駆動)を採用。これにより、低いフロアと高い室内高を実現しました。現行モデルとなるのは、2023年6月に8年ぶりにモデルチェンジを遂げた4代目です。

今回展示されたカスタムカーのベースとなったアルファードは、2代目モデルです。

 ボディカラーには鮮やかな青色を使用。フロントグリルは、「スピンドルグリル」と呼ばれる真ん中がくぼんだ、レクサス風のデザインになっています。車体が大型なのもあいまって、強いインパクトがあります。フロント下部には縦長のライトを配置しました。

 また、インテリアには外装と合わせて青とアイボリーのカラーリングに変更。外装のクールさを引き継ぎつつ、上品な印象にまとめています。

 さらに、後部座席は取り外し大型のスピーカーを設置。こちらも青とアイボリーのカラーリングで、とても華やかです。

※ ※ ※

 オーナーの方によれば、青を基調にしたカラーリングが特に気に入っているそうです。特に、車内の塗装に白ではなくアイボリーを使用したのがこだわりとのこと。

 もちろん、外装の改造も大変だったようで「5年くらいかけた」と話していました。

トヨタ・ヴェルファイア のカタログ情報を見る

トヨタ・アルファード のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! レクサス風のトヨタ「アルファード」を画像で見る(30枚以上)(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. レクサスへの強烈な劣等感と新型車を買えない現実
    見事に表現されてる
    レクサス顔の旧型プリウスとかも見たことある

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー