日産「GT-R」生産終了! 最後は1444万円から…!? 次期R36は“28年登場”が濃厚か 「空白期間アリ」でどんなスペックになる?

日産の誇るスーパースポーツカーとして世界に衝撃を与え続けてきた「GT-R」の未来はどうなるのでしょうか。現行モデルの生産終了が明かされ、次期モデルの検討も示唆されていますが、どのようなカタチでいつ頃登場するのでしょうか。

一旦…生産終了のGT-R、その未来は?

 日産「GT-R(R35)」の生産が2025年8月をもって終了することが明らかとなりました。
 
 日産の誇るスーパースポーツカーとして世界に衝撃を与え続けてきたGT-Rの未来は、どうなるのでしょうか。

次期GT-Rは2028年登場が濃厚か
次期GT-Rは2028年登場が濃厚か

 2024年3月14日、日産はGT-R(2025年モデル)を発表しました。

 2025年モデルでは、一部グレードに専用特別内装色が追加されたほか、これまで「NISMO スペシャル・エディション」のみに採用されていた高精度重量バランス部品が、それ以外の多くのグレードも展開。なお価格は1444万3000円からです。

 一方、日産はこの2025年モデルをもって、GT-R(R35)の生産を終了することを認めています。

 2007年に登場したGT-R(R35)はそれまでの「スカイライン」から独立したモデルとして道を歩みます。

 そして、2024年で販売開始から17年が経過しようとしています。

 優れた基本設計と度重なるアップデートにより、現在でもスーパースポーツカーとして高いパフォーマンスを維持し続けているものの、環境規制や騒音規制を満たすことが難しくなっているのも事実です。

 そう考えると、このタイミングでの生産終了はもはや必然であったと言うことができます。

 日産自身が「GT-Rの集大成」と表現した2024年モデルと比べて、2025年モデルは改良点が少ないのもそうした背景があるためと考えられます。

 では、GT-Rの今後はどうなっていくのでしょうか。日産の広報は新型GT-Rについて次のように説明します。

「R35 GT-Rとしては2025年モデルが最終となり、生産終了は2025年8月です。生産終了の理由としては、部品の供給の見通しが立たなくなってきていることがあります。

 なお次期型については、日産を代表するモデルでもあるので開発の検討はしています。

 今後はGT-Rに求められるパフォーマンスと世の中に求められる環境性能の両立が出来るように研究開発を行っていきます」

※ ※ ※

 こうした中で日産は「ジャパン・モビリティ・ショー2023」に出展した「ハイパーフォース」と呼ばれるコンセプトで、次期GT-Rのヒントを示唆しています。

 ハイパーフォースは「究極のドライビングプレジャーを追求しながら、日常での快適性も兼ね備えた次世代の高性能スーパースポーツカー」というコンセプトをもっており、GT-Rのコンセプトと大きく重なります。

 また、はっきりと明示されてはいないものの、フロントグリルには「GT-R」とよく似たエンブレムを見ることもできます。

【画像】「えっ…!」これが最後の「GT-R」 画像を見る!(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー