2.0Lエンジンで最大680馬力! 全長4.8m級の新型「ハイパフォーマンスSUV」発売! 極太トルクがスゴすぎる“流麗ボディ”の新「GLC63 S Eクーペ」登場 1811万円

メルセデス・ベンツ日本は2024年3月29日、ミディアムSUVのハイパーフォースモデル「AMG GLC63 S E PERFORMANCE クーペ」を追加して発売しました。

怒涛の680馬力・1020Nm GLCに“63”設定

 メルセデス・ベンツ日本は2024年3月29日、ミディアムSUV「GLC」にハイパフォーマンスモデル「AMG GLC63 S E PERFORMANCE クーペ」(以下GLC63S E クーペ)を追加し、同日より発売しました。

システム最大680馬力を発揮する新型「GLC63 S E PERFORMANCE クーペ」
システム最大680馬力を発揮する新型「GLC63 S E PERFORMANCE クーペ」

 GLCは2015年に登場したミディアムサイズSUVで、ベストセラーモデルである「Cクラス」と同等の安全・快適装備を備え、高いアイポイントや低い重心による乗用車ライクな乗り心地を実現したSUVです。

 現行モデルは2代目で、2023年3月に登場。11月にはテール形状がクーペタイプになった派生モデル「GLCクーペ」も追加されています。

 今回登場したGLC63S E クーペは、メルセデス・ベンツの子会社でモータースポーツ部門に携わるメルセデスAMG社が手掛けるハイパフォーマンスモデルです。

 パワートレインは、単体で最高出力476馬力・最大トルク545Nmを発揮する2リッター4気筒ターボエンジンに、最大204馬力の電動モーターと6.1kWhの高性能バッテリーを組み合わせるプラグインハイブリッドユニットを採用。

 これにトルク可変式ハイパフォーマンス四輪駆動システム「4MATIC+」と「AMGスピードシフトMCT」9速トランスミッションを搭載し、システム最大で680馬力・1020Nmを発生。0-100km/h加速は3.5秒をマークします。

 なお、最大125km/hまではモーターのみで走行できる「Electric」モードを設定しており、EV走行距離(WLTCモード)では16kmと、市街地走行に実用的な性能を確保しました。充電は交流充電による3.7kW普通充電に対応しています。

 エクステリアでは、ハイグロスクロームの専用AMGグリル、フロントリップスポイラーを装備したほか、専用「TURBO E PERFORMANCE」サイドエンブレム、21インチアルミホイールを装備。

 リアにはAMGスポイラーリップやリアエプロンを装着し、アグレッシブに仕上げています。

 ボディサイズは全長4790mm×全幅1920mm×全高1605mm、ホイールベースは2890mmです。

 インテリアでは上質なナッパレザーのAMGパフォーマンスステアリングやAMG専用スポーツシートを装備。オプションでAMGパフォーマンスシートも用意されます。

 機能装備では最新の対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を採用したほか、ブルメスター3Dサラウンドシステム、エモーショナルなサウンド体験を味わえるAMGリアルパフォーマンスサウンドを搭載しました。

 また、フロント下方を仮想的に映し出すトランスペアレントボンネット機能、ARナビゲーションなども採用しています。

 新型GLC63S E クーペの価格(消費税込)は1811万円で、全車右ハンドルのみの設定です。

 なお今回、同型エンジンに48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせる「GLC43 4MATIC クーペ(BSG搭載モデル)」も新規設定されました。価格は1217万円で右ハンドルのみの設定です。

【画像】超カッコイイ! これが680馬力の「爆速SUV」です(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー