いすゞの「和製スーパーカー」!? 700馬力超えV12エンジン搭載! ミッドシップの4人乗り斬新マシン「コモ」に「今見てもかっこいい!」の声も!

モーターショーやオートサロンなど世界各国で開催される自動車イベントでは、さまざまなコンセプトカーやカスタムカーが話題を集めます。なかでも1991年に行われた東京モーターショーに登場したいすゞ「コモ」にユーザーから多数の声が集まっています。

いすゞの和製スーパーカー「コモ」とは

 モーターショーやオートサロンなどの世界各国で開かれる自動車イベントでは、様々なコンセプトカーや、新型車、カスタムカーが発表され話題になります。

 なかでも1991年「第29回東京モーターショー」に登場したいすゞ「COMO(コモ)」は、話題を集めた1台でした。

こんなのあったの! いすゞ「コモ」(Photo:いすゞ自動車)
こんなのあったの! いすゞ「コモ」(Photo:いすゞ自動車)

 いすゞといえば商用車のイメージが強いですが、今から30年以上前に斬新なミッドシップスポーツカーを開発し、モーターショーに出展しています。

 コモは、「乗用車でもなくRVでもない、都市からリゾートへ、多量の荷物とともに快適な高速移動が可能なグランドスポーツユティリティという全く新しいジャンルを探る、ミッドシップ・プロトタイプ」をコンセプトにつくられました。

 ボディサイズは、全幅4600mm×全幅1830mm×全高1370mで、ホイールベースは2950mmで、現行車で言うと全長×全幅はトヨタRAV4にほど近いサイズとなります。

 パワートレインには、当時いすゞがF1搭載用に試作したという3.5リッターV型12気筒エンジン(P799WE)をミッドに搭載。F1マシンに搭載されたときの最終スペックは765馬力を発生するとも言われていました。

 駆動方式は4WDではなく後輪駆動で、これに組み合わせるトランスミッションは5速MTです。

 エクステリアは、キャビンスペースが極端にフロント側によった先進的なフォルム。流麗で角のない丸みを帯びたデザインです。

 リアには車体後部にはピックアップトラックのように荷台も備わりつつ、大人4人が乗れる室内ユーティリティも追求されています。

 インテリアは、いすゞが「カプセル感覚のスポーツデザイン」と説明する、外装同様角のない、今見ても斬新なデザインです。

 さらにドアには、撥ね上げ式ドア(ここではガルウィングと呼称)が採用され、高い乗降性を維持しています。

※ ※ ※

 ユーザーからは「今でも十分画になるデザインだと感じる」「普通にカッコいいし、乗ってみたいと思えるデザイン」デザインを称賛する声が多数集まっています。

 また「今見てもかっこいい!」「700馬力すごい!かっこいい」「乗ってみたい」との意見がある一方で、一部では「うーんどうかな」「かっこいいかなー?」などユーザーによって好みが分かれる声もありました。

 コモは30年以上前に登場したモデルですが、今でもユーザーの興味をそそる1台である様子がうかがえます。

【画像】超カッコイイ! いすゞの”和製スーパーカー”「コモ」を画像で見る(37枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー