国産唯一の「2階建てバス」! 三菱「エアロキング」が帰ってくる! “試作車”にも立ち会える待望の「里帰り記念ツアー」開催へ

JR東海バスは、2024年2月に定期路線から引退した2階建てバス「エアロキング」に再び乗車できる「引退記念ツアー」を開催すると発表しました。エアロキングの生まれ故郷に里帰りする、味わい深いツアーとなりそうです。

帰ってきた「エアロキング」

 2024年3月22日、JR東海バスは定期路線から引退した2階建てバス「エアロキング」について、ファンからの長年の愛顧に感謝し「引退記念ツアー」を開催すると発表しました。

運行される現在唯一の2階建てバス「エアロキング」
運行される現在唯一の2階建てバス「エアロキング」

 エアロキングは、三菱ふそうトラック・バス(以下、三菱)が1980年代から2010年まで製造していた2階建てバスです。JR東海バスでも高速バスに採用され累計30台以上が導入されていました。

 国産の2階建てバスとしては2020年代に入っても現役運行されているのは珍しかったことから、バスファンを中心に根強い人気を誇ります。

 排出ガス規制や経年劣化などから各事業者でも引退が進んでおり、JR東海バスでは2010年式の3台のみが残されていましたが、この3台も2024年2月29日に定期路線から引退。

 ファンからは愛情を込めた送り出しの声とともに、エアロキングに乗れる機会が無くなったことへの悲しみも広がっていました。

 今回JR東海バスではそのファンの期待に応え、また長年の愛顧に感謝するため、エアロキングに再び乗車できる機会として引退記念ツアーを開催するといいます。

 この引退記念ツアーでは、乗客はエアロキングとともに生まれ故郷である富山の「三菱ふそうバス製造」や「天龍工業」に訪れ、社員食堂で昼食を取ったり工場見学を行います。

 普段は部外者の立ち入ることのできない貴重な工場を体験できるだけではなく、工場見学後にはエアロキングおよびエアロキングの試作車との記念撮影も可能です。

※ ※ ※

 ツアーの出発日は2024年4月19日と22日で、定員は両日とも30名。旅行代金はプランにより1万3000円から1万5000円です。

 申し込み期間は2024年4月8日の13時までですが、すでに両日ともに定員を超える申込みが集まっていることから、抽選で当選者が選ばれ、メールにて結果が知らされるということです。

【画像】カッコイイ! これが国産唯一の「2階建てバス」です(37枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー