三菱「新型パジェロ」復活か 9割が「欲しい」と回答!? 「500万円以下」なら買うの声も! みんなの答えは?

三菱の「パジェロ」が復活すると報じられました。そんな報道があった中でユーザーからはどのような反響があるのでしょうか。今回はくるまのニュースでアンケートを実施してみました。

マジで「パジェロ復活」なの? みんなは欲しい? 買う?

 一部メディアで三菱の「パジェロ」が復活すると報じられました。
 
 2026年度にタイから輸入される形で日本で発売されると言いますが、ユーザーはどのような反響を示しているのでしょうか。

海外では「パジェロスポーツ」が刷新された… タイからということは関係ある?
海外では「パジェロスポーツ」が刷新された… タイからということは関係ある?

 パジェロは1982年に発売を開始し、オフロードにおける高い悪路走破性と、都会的雰囲気を兼ね備えた乗用車感覚の本格オフロード4WD車として人気を獲得しました。

 その後1991年には2代目にモデルチェンジし、フルタイムとパートタイムの両方式の長所をあわせ持つ世界初のスーパーセレクト4WDの採用することで悪路走破性を一層高めます。

 さらにラグジュアリー性を高めることで日本のRVブームを牽引しました。

 1999年には3代目にモデルチェンジ、ラダーフレーム構造からビルトインフレーム構造のモノコックボディとなり、軽量化と高剛性化を実現。

 2006年には4代目となり、従来から定評のあったスーパーセレクト4WD-IIに加え、新たにアクティブスタビリティ&トラクションコントロールなどを採用し、さらにその走りに磨きをかけてきました。

しかし、2019年に日本向けのパジェロは、2019年8月をもって生産を終了し、37年の歴史に幕を下ろしています。

 一方で海外向けには、パジェロシリーズとして現在でも本格オフロードSUV「パジェロスポーツ」が存在しており、2024年3月18日にはタイで新型(2024年モデル)を発表しました。

 そんなパジェロですが、生産終了から度々復活を望む声が絶えませんでした。

 今回の報道では発売時期やタイからの輸入、新型「トライトン」とのシャシ共用など具体例も出ており、信憑性は高そうです。

 では、肝心なユーザーからはどのような反響が寄せられているのでしょうか。今回はくるまのニュースでアンケートを実施。

 まず「ズバリ! パジェロ復活なら欲しい?」という問いに対して「欲しい(93.2%)」と「欲しくない(6.8%)」という結果に。

 9割以上のユーザーが「欲しい」と答えていますが、「いくらまでなら買う」のでしょうか。

 ●300万円以下:12.3%
 ●400万円以下:28.8%
 ●500万円以下:34.2%
 ●600万円以下:15.1%
 ●700万円以下:9.6%
 ●それ以上:ナシ

 今回のアンケートでは上記の結果となり、500万円以下を望む声が最も多くなりました。

 なお日本向けの最後の仕様となった「FINALEDITION」の価格は453万0600円(消費税8%込)です。

 果たして本当に「パジェロ復活」となるのか、三菱の動向から目離せません

三菱・パジェロのカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! 三菱「パジェロS」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 500万以下ならって、んな訳ないだろ
    トライトンですら500万越えなのに

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー