まさかのレクサス風“軽”実車展示! 巨大グリルが“高級感”バク上げなホンダ「軽ワゴン」!? 豪華白内装もスゴイ「N-BOX」とは

2024年3月9日と10日に行われた「名古屋オートフェスティバル2024」。本イベントには、レクサスのようなフロントグリルを装備した、ホンダ「N-BOX」がありました。

レクサス顔のホンダ「N-BOX」!

 2024年3月9日と10日にポートメッセなごや(愛知県名古屋市)で開催された「名古屋オートフェスティバル2024」。このイベントでは、レクサスの顔をした白の「N-BOX」が展示されていました。

 ホンダの人気ワゴンをレクサス風にしたこのカスタムカー。その詳細を確認してみましょう。

レクサス顔!? 激しいカスタムが施されたホンダ「N-BOX」
レクサス顔!? 激しいカスタムが施されたホンダ「N-BOX」

 N-BOXは、ホンダが2011年に初代を発表したスーパーハイトワゴン。現行モデルは2023年10月に登場した3代目で、豊富な室内空間と積載量、先進的の安全機能などが特徴的です。

 そんなN-BOXの2代目“カスタム”にレクサス風のフロントグリルを装備するなどしたのが、今回のカスタムカーです。

 やはり目を惹くのはその正面。真ん中辺りがグッと締まった「スピンドルグリル」になっていて、一瞬どこのメーカーの車両かわからなくなりそうです。

 さらにフロントスポイラーなども合わせて装備。スーパーハイトワゴンらしからぬスポーティさを感じます。

 一方で、注目したいのは正面だけではありません。後方部分も大きくデザインが変わっています。

 まず、もともと後部パネルの中央に配置していたナンバープレートは下部リアバンパーの位置に変更。これにより、車高を下げていないにもかかわらず車体全体を低く見せています。

 さらに、後方の窓ガラスは半分ほど隠しています。これらの処置により、リアは通常モデルと同じサイズながら、印象的で大きく見えるようになっています。4本出しのマフラーも装備されており、軽とは思えない仕様になっています。

 雰囲気が一新されたN-BOXのカスタムカー。会場でもかなりの人たちが注目していたようでした。

 ちなみにリアハッチはドアハンドルも無くしているため、後方は車内から操作して開く形式になっています。

ホンダ・N-BOX のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! まさかの「”軽”レクサス」を画像で見る(13枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー