“BMW”顔のホンダ「N-BOX」実車公開!? まさかの“観音開き”仕様! 鮮烈レッド内装も超カッコイイ「“軽”ラグジュアリーカー」とは

2024年3月9日と10日に行われた「名古屋オートフェスティバル2024」。このイベントに、ドイツの高級車「BMW」を思わせるフロントグリルが装備されたホンダ「N-BOX」が置かれていました。

「N-BOX」をまさかのBMW化!

 2024年3月9日と10日にポートメッセなごや(愛知県名古屋市)で開催された「名古屋オートフェスティバル2024」。本イベントでは、ドイツの高級車「BMW」のようなデザインのフロントグリルを付けた「N-BOX」が展示されていました。

これはスゴイ…! BMW顔に仕上げられたホンダ「N-BOX」
これはスゴイ…! BMW顔に仕上げられたホンダ「N-BOX」

 N-BOXは、2011年にホンダが発表したスーパーハイトワゴンシリーズです。豊富な室内空間と積載量、それに扱いやすい先進機能などによって、市場では高い評価を獲得しました。

 現行モデルは2023年10月に登場した3代目。何度も販売台数1位となった“日本を代表する軽自動車スーパーハイトワゴン”として、さらなる活躍が見込まれています。

 そんなホンダ「N-BOX」をまさかのBMW風にしたのが、今回のカスタムカー。ベースとなったのは初代の「カスタム」です。正面にはいかにも“鼻”と形容したくなる縦格子の2つのフロントグリルを装備。このデザインはまさしく「キドニー・グリル」といえるでしょう。

 さらに、フロントの各所には丸形のライトをいくつも追加。ボンネットには2つの大きなエアインテークを備えている他、フロントスポイラーも装備しています。

 非常にインパクトの強いフロントデザインですが、オーナーの方によれば、注目してほしい部分はそこだけではないとのこと。

 それが側面に設置しているドア。こちらは観音開き方式になっているのですが、改造に際しては、まず中古車両からドア部分を入手。その上で後方部分は一部切断し、観音開き式にしているそうです。

 内装も鮮烈な赤に変更されており、各種パネルもその殆どが純正品では無いものになっています。

 外装も内装も手の込んだカスタムカー。しっかり車検も取っており、タイヤを取り替えれば公道走行も可能だそうです。

ホンダ・N-BOX のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! BMW顔のホンダ「N-BOX」を画像で見る(14枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. これは酷い…

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー