日産「新型ジューク」公開! 鮮烈イエローボディ復活! オシャ内装もたまらない「スタイリッシュコンパクトSUV」に熱望の声も! 約396万円から英国に登場

日産の英国法人は新型「ジューク」を2024年2月14日に公開しました。日本では販売されていないモデルに、ユーザーから熱望の声が寄せられるなど、さまざまな反響が集まっています。

新型「ジューク」公開に“熱望の声”も!

 日産の英国法人は、コンパクトSUV「ジューク」の新たな一部改良モデルを、2024年2月14日に公開。これについて日本のユーザーからもさまざまな反響が集まっています。

イエローボディ復活の新型「ジューク」
イエローボディ復活の新型「ジューク」

 ジュークは、2010年2月に欧州で初披露され、日本国内では同年6月に販売が開始されたコンパクトSUVです。

 現在販売されているのは、2019年9月に登場した2代目ですが、初代とは異なり日本国内では販売されていません。

 ジュークのボディサイズは、全長4210mm×全幅1800mm×全高1593mmと、トヨタ「ヤリスクロス」と同等のコンパクトな大きさです。

 パワートレインには、1リッター直列3気筒 ガソリン直噴ターボエンジン搭載モデルと、ハイブリッドモデルの2種類がラインナップ。

 トランスミッションは、ガソリンエンジンモデルで6速MTと7速DCTが組み合わされます。なお、ハイブリッドモデルではATのみです。

 今回、そんなジュークの一部改良モデルが発表され、内外装が従来よりもパワーアップしました。

 エクステリアは、スッキリとした先進的なデザインで、初代ジュークで人気のあったボディーカラーである鮮烈なイエローの設定が追加されました。

 インテリアには、中央のインフォテインメントスクリーンのサイズを12.3インチに拡大。画面の端まで手を届かせるため、またコックピット感を高めるために、ドライバーに向かって8度傾斜させています。

 また、今回新たにダイナミックな特徴を強調する「N-Sport」グレードも追加されました。

 N-Sportのエクステリアには、黒いルーフ、ホイール、ドアミラー、ホイールアーチ、グリル、AピラーとBピラーを装備。

 インテリアには、ボディカラーと合わせたイエローのハイライトや、専用シートには独自のキルティングが備わります。エンボス加工された「Juke」の文字も相まって、特別感を感じさせます。

 先進安全装備面では、インテリジェントドライバーアラートネスが標準装備となりました。レーンキープアシストも一部グレードで、オプションで追加設定となるほか、急ブレーキをかけた時、ブレーキライトが点滅して後続ドライバーに警告するようになりました。

 一部改良を受けた新型ジュークの生産はこれまで通り、英国サンダーランド工場で行われる予定です。価格は、2万985スターリング・ポンド(約396万円)からです。

 新型ジュークの登場に、「かっこいいなあ」「これはかっこいい!」と惹かれる声や、「日本にも入れてくれないかなあ」「日本でも売ってほしい」など日本導入を熱望する声など、さまざまな反響が集まっていました。

日産・ジューク のカタログ情報を見る

【画像】「えっ…!」これが日産「新型ジューク」です!画像で見る(83枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー