5速MTも設定! スズキ“新”「軽トラック」登場! 全車4WDで精悍「ブラック顔」がカッコイイ! めちゃワイルド仕様の「X リミテッド」は何が違う?

スズキの軽トラック「スーパーキャリイ」に設定された「Xリミテッド」は、通常モデルとは何が異なるのでしょうか。

若手デザイナーの「専用デカール」が超カッコイイ

 スズキは軽トラック「スーパーキャリイ」に、特別仕様車の新モデル「Xリミテッド」を設定し、2023年12月13日に発売しました。
 
 通常のスーパーキャリイとはどのような点が異なるのでしょうか。

超ワイルドな軽トラ登場
超ワイルドな軽トラ登場

 キャリイは1961年に登場しました。丈夫な車体や使い勝手の良さが支持され、60年以上にわたって軽トラックの定番として人気を博しています。

 現行型は11代目で2013年に発売。居住空間の拡大や燃費性能の向上を図ったほか、先進運転機能「デュアルカメラブレーキサポート」を採用するなど、安全性能も高めています。

 パワートレインは660ccエンジンに5速MTまたは4速ATを組み合わせ、駆動方式はFRに加え、2タイプの4WDを用意しています。

 ラインナップは通常のキャリイに加え、2018年5月にはスーパーキャリイを設定。全長やホイールベースはそのままに、120mmのハイルーフ化とキャビン(居住部)を460mm延長することで、室内空間を拡大しました。

 これにより、運転席のシートスライド量は軽トラックNo.1の180mm、リクライニングも40度可動。ハイルーフで拡大されたヘッドスペースにはコンソールを設けるなど、利便性も向上しています。

 今回新たに設定されたXリミテッドは、スーパーキャリイの上級グレード「X LEDヘッドランプ装着車」をベースに、特別な外装を装着したモデルです。

 エクステリアでは、ルーフ側面やドア、フロントバンパー後端からフロントのタイヤハウス後部にかけて、専用デカールを貼付しボディ側面にアクセントを与えました。

 専用デカールはスズキによると、このデカールは若手デザイナーがデザインしたと言い、梨地のようなざらついた表面仕上げのブラックで、ところどころにリベットのようなデザインも施されるなど、無骨なタフギア感を演出しています。

 延長されたキャビン部のデカールには「SUZUKI SUPER CARRY FOR YOUR WORK BUDDY」の文字もあしらわれています。

 また、LEDヘッドライトは内部のインナー加飾をブラックに変更。加えて、ベースのXグレードではメッキ処理されるフロントガーニッシュやフォグランプベゼルなども、デカールの世界観にマッチするようにブラックに変更され、精悍な表情に仕上げています。

 スチールホイールやドアハンドル、ドアミラーもブラックの仕上げとし、ベースとは一線を画すスタイリッシュな雰囲気に一変しました。

 インテリアはXと同一で、撥水加工のファブリックシートやリクライニング機構、助手席シートバックテーブルなどを装備しています。

 ボディカラーには、「モスグレーメタリック」「シルキーシルバーメタリック」「クールカーキパールメタリック」「ブルーイッシュブラックパール3」の計4色をラインナップします。

 トランスミッションは4速ATと5速MTを用意し、駆動方式は全車4WDのみですが、5速MT車は高低速2段切替え式のデフロック付き4WDとなっています。

※ ※ ※

 新型スーパーキャリイ Xリミテッドの車両価格(消費税込)は5速MT車が151万3000円で、4速AT車が161万2600円に設定されています。

スズキ・キャリイ のカタログ情報を見る

【画像】「えっ…!」 これが超カッコいい新型「スーパーキャリイ」です(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. これのどこがカッコいいんだ?何も変わらない。プロジェクターになっただけじゃん。
    日本メーカーのデザイナーとか、なんでこんなセンスしか無いんだろ?今どき、中国に外注した方がマシなデザインになるんじゃないか?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー