「地球上に2台」の爆レア「オープン高級モンスターマシン」実車展示へ! レクサス「LFAスパイダー」が愛知で走る! 鮮烈イエロー「1日限り」の降臨

トヨタ博物館が2024年3月に「春だ!今こそオープンカー走行披露会」を開催します。この企画に超貴重なレクサス「LFAスパイダー」がデモ走行で登場します。いったいどんなクルマなのでしょうか。

まさに「激レア」なオープンカー

 トヨタ博物館(愛知県長久手市)が超レアなレクサスのスーパーカー「LFAスパイダー」をお蔵出しします。
 
 展示されるのは2024年3月20日です。いったいどんなクルマなのでしょうか。

レクサス「LFA」のオープンカーモデルが!?
レクサス「LFA」のオープンカーモデルが!?

 同博物館で行われているお蔵出し展は、様々な事情から常設展示されていない400台ほどの貴重な車両から選ばれた13台を、5つのテーマに沿って展示していく特別企画で、2024年6月30日まで開催されます。

 テーマは「1950-60年代の日本と欧州の大衆車」「日米欧、憧れのスポーツカー3選」「日本では見られない日本車」「昭和のコミューターバス」「トヨタ博物館が収蔵する二輪車」が予定されています。

 そのなかで3月20日に行われるのが「春だ!今こそオープンカー走行披露会」です。

 レクサス「LFAスパイダー」は、LFAをベースとして、オープンカーに作り変えた特別仕様。

 元になった「LFA」は、2010年から2012年にかけて生産されたスーパーカーで、技術の粋を集めた最高峰モデルとして知られており、当時の新車価格が3750万円、生産台数がわずか500台という希少性から、カルト的人気を誇っています。

 圧倒的な走行性能だけでなく、表情豊かに奏でられるエンジンサウンドや人車一体となったハンドリング性能など、人の五感を刺激する走りを追究し、レクサスブランドのプレミアムスポーツを示す“F”の頂点に立つクルマとして開発されました。

 ボディサイズは全長4505mm×全幅1895mm×全高1220mm、ホイールベースは2605mmです。シャシーはレーシングカーと同様のカーボンモノコックを採用しています。

 パワートレインはヤマハと共同開発。最高出力560ps・最大トルク480Nmを発揮する4.8リッターV型10気筒エンジンに、6速ASG(Automated Sequential Gearbox)を組み合わせています。最高速度は325km/h、0-100km/h加速は3.7秒です。

 LFAがクーペ仕様なのに対し、今回のデモ走行に登場するLFAスパイダーは、屋根をなくしオープンエア走行を楽しめる特別モデルです。あくまでデモンストレーション用で市販されておらず、「世界にたった2台」という超貴重なクルマです。

 なお同イベントには、LFAスパイダー同様にヤマハと共同開発され、市販化されていない幻の名車トヨタ「2000GTロードスター」も登場する予定です。

【画像】超カッコいい!? これがレクサスの伝説級「LFA」の「オープン仕様」です。画像で見る(30枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー