4500万円超え! 62人乗りのいすゞ「新・精悍モデル」発売! 8.9リッター“直6ターボ”搭載で装備刷新した「新ガーラ」 改良モデルが発売

いすゞ自動車は大型観光バス「ガーラ」を改良して発売しました。どのようなモデルなのでしょうか。

安全装備を強化…

 いすゞ自動車(以下いすゞ)は2024年3月6日、改良モデルの大型観光バス「ガーラ」を発売しました。

いすゞ「ガーラ」改良モデル
いすゞ「ガーラ」改良モデル

 ガーラは1996年に登場した大型観光バスで、現行型は2005年8月に発売された2代目モデルです。

 五大陸+日本をモチーフとしたフロントの「6キューブ」デザインなど個性的で斬新なスタイリングに加え、快適性と上質感を高めたインテリアを採用。

 さらに、新開発のサスペンションや低燃費エンジン、ヨーロッパの安全基準に適合するロールオーバー対策を実施するなど、走行性能や環境性能、安全性能を高めています。

 ボディは貸切タイプ、夜間高速/高速路線タイプを用意し、貸切ではサロン席、夜間高速/高速路線ではトイレ付車も設定。通常の12mボディに加え、9m短尺ボディの「ガーラ ハイデッカーナイン」もラインナップされています。

 現在販売中のモデル(ガーラ)では、31人乗り(貸切 8列)から62人乗り(貸切 12列)まで設定しています。全車360馬力・1569Nmを発揮する8.9リッター直列6気筒ターボディーゼルエンジンを搭載。7速AMTを組み合わせます。

 ボディサイズは全長11990mm×全幅2490mm×全高3500mm、ホイールベースは6080mmです。

 今回の改良では、走行車線の左右白線をカメラで検知し、車線を逸脱しそうになると、ステアリング操作を電動アシスト制御する「レーンキープアシスト(LKA)」を新規設定しました。

 また、ドライバーの運転姿勢や車両の挙動をモニターし、体調急変などによるドライバーの異常な状態を自動検知して徐々に減速し車両を停止させる「ドライバー異常時対応システム(EDSS)」に車線内停止機能を追加。

 さらに、衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)の作動条件を拡大し、先進安全装置の充実化を図りました。

 機能面では、オートライトの機能追加やバックカメラ・モニターの装置変更を行い、これら全ての装置を全車標準装備としています。

 東京地区での新ガーラの価格(消費税込・貸切11列仕様車)は4565万円です。

【画像】「えっ…」 これが「豪華内装の観光バス」です! 画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. ほぉ~?“クルマのニュース”にしては珍しく国内販売のクルマの話題 ただ乗用車では無いケドw。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー