トヨタ「5ドアハッチバック」が凄かった! アンダー200万円! 低燃費&走りもイケる!? どんな人が「アクア」を買うのか

トヨタ「アクア」といえば、街中で快適に乗れるコンパクトカーですが、実際にはどのようなユーザーが興味を示しているのでしょうか。

どんな人が「アクア」に興味を示す?

 トヨタ「アクア」といえば、5ナンバーサイズでハイブリッド車のみというクルマです。
 
 そんなアクアはどのようなユーザーが興味を示しているのでしょうか。

アクアの乗り心地の良さと「GR」ならではの走りの味を両立した新型「アクア GR SPORT」
アクアの乗り心地の良さと「GR」ならではの走りの味を両立した新型「アクア GR SPORT」

 2011年に初代が発売されたアクアは、その後年間販売台数でも上位にランクインするなど売れ筋のモデルです。

 2代目は2021年に登場。「さらに次の10年を見据えたコンパクトカー」として様々な部分が刷新されました。

 例えば、燃費性能ではカタログ値35.8km/Lという低燃費を実現。

 運転のしやすさでは、高出力の「バイポーラ型ニッケル水素電池」を駆動用車載電池として世界初採用したことで、バッテリー出力が向上。

 これによりアクセル操作への応答性が向上し、低速からなめらかな加速が可能になりました。

 さらにアクセルペダルを緩めるだけで回生によって減速度を増大させ、滑らかに減速することができる「快感ペダル」をトヨタ初採用。

 これによりアクセル・ブレーキペダルの踏みかえ頻度を抑えることでドライバーの疲労軽減に寄与します。

 また2022年11月には2代目として初の一部改良が行われ、内外装の追加や「自動防眩インナーミラー(ドライブレコーダー付)」を全車にオプションしました。

 さらに走りにこだわる人向けとして「GR SPORT」を新設定。

 専用パーツによる機能的デザインになっている他、ボディ剛性の強化や足回りやパワーステアリング制御のチューニングにより走行性能を向上させています。

 そんなアクアですが、どのようなユーザーが興味を示しているのでしょうか。

 首都圏のトヨタ販売店では次のように話しています。

「アクアは、先代、2代目ともにちょっとそこまでの買い物などの足として使われるお客様が多いです。

 またご高齢の夫婦などからも支持されています。

 2代目は街中であればEV走行でモリモリ走れるので、燃費も優れています。

 一方で扱いやすいクルマでも『もう少し走りを楽しみたい』という人にはGR SPORTを検討されます。

 標準のアクアとは全然違うと走りですので、クルマ好きからは検討されることがあります」

 また関西圏のトヨタ販売店では次のように話しています。

「奥様や娘様用にアクアを検討されるファミリー層はそれなりにいます。

 トヨタであれば『ヤリス』や『カローラスポーツ』、他社であればホンダ『フィット』や日産『ノート』と比較される人がおります。

 また走りを楽しみたい人であればGR SPORTが設定されており、これは日産『ノートオーラNISMO』と比較検討されることがあります」

※ ※ ※

 ファミリーからクルマ好きまで幅広いユーザーに興味関心を持たれるアクア。

 価格はエントリーグレード「B(2WD)」の199万7000円から「GR SPORT(2WD)」の259万5000円です。

【画像】「えっ…!」これは速そう! トヨタハッチバックの画像を見る!(12枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. アクアってハッチバックなのか…

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー