マジで似すぎ! ダイハツ「キャスト」の“完全パクリ車”が出現! 3年落ちなのになぜかボロボロ… 謎の「カンディ K27」が米で出品

米国のオークションサイトで、日本国内でのみ販売されている軽自動車によく似たモデルが出品されています。一体どのようなクルマなのでしょうか。

「キャスト」にしか見えない 中身は中華製EV

 2024年2月28日、アメリカのカーオークションサイト「Cars & bids」に小型EV「カンディ K27 NEV」が出品されています。
 
 国内で販売していたトヨタ「ピクシスジョイ」やダイハツ「キャスト」に類似するモデルですが、どのようなクルマなのでしょうか。

ほとんど「キャスト」のまま… パクリEVが米に登場(Photo:(c)Cars & bids/Seller:Longislandexotics)
ほとんど「キャスト」のまま… パクリEVが米に登場(Photo:(c)Cars & bids/Seller:Longislandexotics)

 Cars & bidsはアメリカのオークショニアで、主に1981年以降のクルマを対象にオークションが開催されています。

 今回Cars & bidsで初出品となったカンディ K27は、中国で2013年4月に設立し四輪バギーやEVの部品を製造するカンディ(康迪)が手掛けるコンパクトEVです。

 中国国内においては2017年11月に登場が明かされており、アメリカでは2020年8月18日に発表されています。

 最大4人が快適に乗れる空間を持つコンパクトカーだといい、新車時の価格は1万2999ドル(約196万)という低価格を実現。

 パワートレインは17.69kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、約60馬力を発揮。航続可能距離は160マイルを実現しました。

 ボディサイズは全長3460mm×全幅1470mm×全高1615mm、ホイールベースは2455mmです。

 エクステリアは、愛嬌のある丸型ヘッドライトやルーフの2トーン塗装、8角形のリフレクターを内蔵したテールランプなどを装備し、親しみやすさを感じさせます。

 インテリアはインパネ加飾やエアコン吹出口周り、シートのステッチなどにレッドのアクセントを施したほか、インパネシフトと大型インフォテイメントディスプレイを装備するなど、スタイリッシュかつ使い勝手も良好に仕上げています。

 しかし、全体的には2015年9月にダイハツが発売したキャスト(およびそのOEM車ピクシスジョイ)に酷似しており、特にインパネシフト周りやテールランプはほとんど共通といっても過言ではありません。

 出品された個体は2021年式で走行距離は1000マイル(約1600km)ほど。年式や走行距離は浅いですが、リアのドアハンドルが一部破損しているほか、ルーフの色褪せやエンブレムの欠損、運転席シートの劣化が見られるといいます。

 なお、米国では最高速度が35マイルに制限されており、フリーウェイを走行できないほか、一部地域では登録ができないとしています。

 オークションは104ドルでスタートしましたが、3月1日現在のところ入札は9件にとどまっており、価格も1111ドル(約17万円)と低迷。

 オークションのコメント欄には「正直、フロントベンチシートの現行車なのが良い。可愛くて面白い小さな車だ!」と評価する人もいる一方で、「Noooooooo」「いや、それはちょっとヤバイよ」といった懐疑的なコメントもみられます。

 レアなモデルが高値のプライスをつけるとはいえ、ある意味でレアなK27がどこまでのプライスをつけるか、注目されます。

【画像】「えっ…!」 これが「キャストをパクった中国車」です(30枚以上)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. パクったんじゃないよ。たまたまダイハツが先に出しただけ←中国人の弁明ね

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー